コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンティ族 ハンティぞくKhanty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンティ族
ハンティぞく
Khanty

旧称オスチャーク族。自称ハンティは「人」の意。西シベリアのオビ川,イルティシ川流域に居住する民族で,人口約2万 2500。大半がハントゥイマンシ自治管区に在住する。形質的にはコーカソイドモンゴロイドとの混合型であるウラル人種型に属する。おもな生業は漁労と狩猟であるが,北部のオビ川流域ではトナカイ飼育が行われ,南のイルティシ川流域では大麦の栽培も行われていた。マンシ族と言語,文化,社会組織のうえで共通点が多い。特に,両者は文献上「オビ・ウゴル」と称され,胞族,氏族組織,トーテミズムの観念,シャーマニズム,熊祭を有していたことが知られている。ソ連時代にソフホーズ,コルホーズに編成された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハンティぞく【ハンティ族 Khanty】

ロシア連邦,西シベリアのオビ川流域に住む狩猟・漁労民。ウラル語族ウゴル語系の言語を話す。旧称オスチャークOstyak。人口2万2300(1989)。ハンティ族は,北群(オビ川流域の河口からシェルカリまで),南群(オビ川沿いにさらに南下してイルティシ川流域のトボリスクまで),東群(ハンティ・マンシースクからオビ川中流域沿いに支流のバスユガン川流域まで)に三分され,文化的にも北群はマンシ族に,南群はタタールに,東群はセリクープ族により近い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハンティ族の言及

【ウラル語系諸族】より

…両者はそれぞれボルガ・カマ流域のボロソボ文化および南シベリアのアンドロノボ文化に比定されるが,とくに前者は従来までの狩猟・漁労に加えて牧畜・農耕を開始,生産経済に到達したのである。原ウゴル文化は前1千年紀中葉に原オビ・ウゴルと原マジャールに二分,前者が鉄器時代のウスチ・ポルイ文化を経て現存のハンティ族と,マンシ族に連なるのに対し,後者はその後遊牧化し,南ロシアを経由してパンノニアへ移住したマジャール人となる。原フィン文化は前2千年紀中葉に分裂,一方のペルミ・フィンは鉄器時代に栄えたアナニノ文化を経たのちさらに分かれて現存のコミ(ジリャン)族,ウドムルト(ボチャーク)族となり,もう一方の原ボルガ・フィンも前1世紀初頭には,のちのモルドバ(モルドビン)族,マリ(チェレミス)族の先祖に当たるボルガ・フィンと,バルト海東岸方面へ移住した原バルト・フィンとに分化する。…

【オスチャーク語】より

…ロシア連邦,ウラル山脈の東側を流れるオビ川の流域とその支流に散在して住むオスチャーク族Ostyaks(自称ハンティ族)の言語で,系統的にはウラル語族に属する。言語人口は2万1000。…

【橇】より

…〈輴〉〈雪車〉〈雪舟〉などとも書く。橇の字は,〈そり〉とも〈かんじき〉とも読んでいる。一般には雪・氷の上をすべらせて,人または荷物を運搬するのに用いる道具であるが,スキー,かんじき類の雪上歩行具,滑走具をも橇の範囲にいれることが多い。また泥土上や傾斜面などをすべらす運搬具も橇の部類に属するものとしている。 日本の橇には,滑走用のはき物としての〈やまぞり〉〈いたぞり〉がある。いずれもスキー渡来以前の日本在来の滑走具と考えられる。…

※「ハンティ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハンティ族の関連キーワードオスチャーク語

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android