コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンドウイルカ ハンドウイルカ

2件 の用語解説(ハンドウイルカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンドウイルカ
ハンドウイルカ

バンドウイルカ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハンドウイルカ
はんどういるか / 半道海豚
bottlenose dolphin
[学]Tursiops truncatus

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目マイルカ科のハクジラ。バンドウイルカともいう。体長3メートル、体重300キログラムを超える大形イルカで、水族館にいるもっとも普通の種である。暖海の沿岸域に広く分布し、大きさ、体形などに地理的な変異が多い。熱帯産のものは小形で体に斑点(はんてん)があり、別種とされることがある。背面は黒色で腹面は白、その境は不明瞭(ふめいりょう)である。吻(ふん)は短く太い。歯は上下左右にそれぞれ二十数本。妊娠期間は12か月、体長1.3メートルぐらいで生まれる。1産1子。1~2年で離乳し、7年で成熟する。数十頭の群れで行動するが、ときに数百頭の大群をなす。餌料(じりょう)はイカおよびサバ、アジなど入手しやすい中形魚類を主体とする。[粕谷俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハンドウイルカの関連情報