ハーシェル(読み)はーしぇる(英語表記)Sir Frederick William Herschel

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーシェル(Sir Frederick William Herschel(1738―1822))
はーしぇる
Sir Frederick William Herschel
(1738―1822)

ドイツ生まれのイギリスの天文学者。天王星の発見者、恒星天文学の開拓者。ハノーバーに音楽家(軍楽隊員)を父として生まれた。彼もオーボエ奏者として七年戦争に従軍したが、1757年、脱走してイギリスに渡った。教会のオルガン奏者として生活をたて、1772年、妹カロリン・ハーシェルCaroline Lucretia Herschel(1750―1848)を呼び寄せ、彼女は聖歌隊に加わった。ハーシェルは少年時代から音響学や光学の教科書を愛読したが、しだいに星空に魅せられ、全天を探視する志を抱いた。まず大型望遠鏡の自作にとりかかり、教会の仕事のかたわら、鏡面を磨いた。妹は兄に付き添って物語を読んで聞かせ、食事を口に運んだりした。最初の望遠鏡は1774年に完成、焦点距離5.5フィート(約168センチメートル)であった。翌年、焦点距離7フィート、口径6.5インチ(約16.5センチメートル)のものをつくり、次々に大型化して、1789年に焦点距離40フィート、口径4フィート(約122センチメートル)鏡を完成した。構造はニュートン式を改良したハーシェル式を考案した。鏡筒十数メートルの反射鏡を操作するために高い櫓(やぐら)式の支台を備えた望遠鏡は当時のどこの天文台にも存在しなかった。この自作の望遠鏡はおもに自家観測に使ったが、一部は家計を助けるために利用した。観測にあたって妹は忠実な助手をつとめた。
 ハーシェルの最初の成果は、天王星の発見である。1781年、7フィート鏡で黄道一帯を掃天観測中に発見、この業績により、1782年王室天文官兼王立天文協会員に推挙された。これを機に掃天観測は全天に及び、1783年に輝星7個の固有運動を総合して、恒星空間における太陽の系統的運動を確認した。また恒星年周視差を検出する目的で、ガリレイの方式に従って二重星を丹念に観測し、1784年までに800対を含む『二重星目録』を編集した。このなかには二体運動を行う実視連星が収められている。また一般星をあまねく観測して、その見かけの光度と方向とを各天球区画ごとに集計して、輝星は近距離星、暗星は遠距離星という一般的仮定のうえで恒星の空間分布を定めた。その結果がいわゆる「ハーシェルの宇宙」とよばれる体系であり、恒星集団に関する最初の銀河系の概念を形成した(1783)。また掃天観測のなかから、星雲・星団合計2500個を含む『星雲・星団目録』を作成した(1802)。以上のような業績により、1816年爵位を受け、その他外国からも多くの栄誉や褒賞を受けた。[島村福太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android