コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオトロン biotron

翻訳|biotron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイオトロン
biotron

生物環境調節装備実験室。温度,光,湿度気圧風速など,生物の生存と繁殖に必要な基本条件を人工的に調節して生物の研究を行う施設の総称広義の生物の生活条件は多方面にわたって複雑に入組んでいるが,現在では物理的条件を変数として植物を研究することが中心になっており,梅雨時の気象条件による植物病の研究,イネの多収穫法の研究,その他がある。医学上も気圧や湿度と血圧,心臓病アレルギーとの関係などについて,研究が試みられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バイオトロン(biotron)

環境と生体との関係を研究するための、温度・湿度・光などの環境条件を人工的にコントロールできる生物の飼育・培養装置。ファイトトロン(植物用)・ファンジトロン(菌類用)・インセクトロン(昆虫用)などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

バイオトロン

温度,湿度,光などの環境条件を人為的に制御でき,中で植物の栽培,動物の飼育が行える設備をいう。昆虫専用のものはインセクトトロン,植物専用のものはファイトトロンなどと呼ぶ。
→関連項目空気調和

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

バイオトロン【biotron】

光・温度・湿度・圧力・気体環境などの生物の生育環境を人工的に調節する装置。生物に対する外的条件の影響を除外したい研究に使う。目的によりフィトトロン(植物用)、アクアトロン(水生生物用)、インセクトロン(昆虫用)などと呼ばれる。生物環境調節実験施設。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイオトロン
ばいおとろん
biotron

生物の飼育培養装置の一種。装置内部の温度、湿度、光、気圧、風速などを調節して、生物の生存と繁殖に必要な基本的環境条件を人工的につくりあげ、生物の研究を大規模に行うものである。バイオトロンには、自動的にこれらの条件が制御できる装置とそのプログラムが内蔵されており、生物を一定の環境条件のもとで飼育して、その生育を研究するのに多用される。植物の生育に用いるファイトトロン、昆虫の飼育に用いるインセクトロン、菌類の培養に用いるファンジトロンなど、対象とする生物によって呼び名が異なる。生物の生活条件は、多細胞生物になるほど複雑に入り組んでいるため、現在では物理的条件の規制が研究の主となっている。なかでも植物の研究が中心となっており、梅雨時の気象条件による植物病の研究、イネの多収穫法の研究などがある。このほか、気圧や湿度と血圧、心臓病、アレルギーとの関係などについての医学的な研究も試みられている。[吉田精一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバイオトロンの言及

【環境調節】より

…植物用のもので小型のものはグロースキャビネットgrowth cabinetあるいはグロースチェンバーgrowth chamberなどとよばれる。動植物用はバイオトロンbiotron,動物用はズートロンzootron,水産動物用はアクアトロンaquatronなどとよばれる。そのほか人間の生理研究用のもの,あるいは公害の影響を解析するためのものなどもある。…

※「バイオトロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バイオトロンの関連キーワードアクアトロン人工気候吉田精一圧力

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android