コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオーム biome

翻訳|biome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイオーム
biome

生物群系。ある気候条件の地域で,それぞれの条件下での安定した極相の状態になっている動植物集り (群集) をいう。熱帯雨林サバナツンドラなど,それぞれの生物帯ごとに,異なるバイオームがあることになる。アメリカの植物生態学者 F.クレメンツの造語 (1916) である。 (→群系 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バイオーム【biome】

アメリカの生態学者F.E.クレメンツとV.E.シェルフォードによって1939年に提唱された概念。そのころまで植物群落と動物群集とは別個にとらえられて研究されていたが,彼らは植物と動物の関係にも注目して,両者を含めた生物群集として考える必要性を説き,そこに有機体的なまとまり,または全体性を考えた。このまとまりを重視すると,生物群集の単位は相当に広い地域にわたるものでなければならなくなる。彼らはこの単位として,気候的特性によって認識され,一定の相観をもつ植物の群系に対応する規模のものを想定し,それをバイオームと呼んだのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

バイオーム【biome】

気候的特性によって区分された地域(ツンドラ・熱帯降雨林など)に生息する生物群集の単位。生物群系。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のバイオームの言及

【生態系】より

…植物生態学者であるクレメンツは,1930年ころから動物生態学者であるシェルフォードV.E.Shelfordとの共同研究で,動植物を分離しない〈生物生態学〉という新しい生態学の分野を開拓した。彼らは生物共同体の地域的な単位をバイオームbiomeと名づけ,それはあたかも生物の個体と同じような高度の有機体と考えた。すなわちバイオームは生まれ,成長し,成熟し,そして死ぬとし,群集有機体論を展開した。…

【生態系】より

…植物生態学者であるクレメンツは,1930年ころから動物生態学者であるシェルフォードV.E.Shelfordとの共同研究で,動植物を分離しない〈生物生態学〉という新しい生態学の分野を開拓した。彼らは生物共同体の地域的な単位をバイオームbiomeと名づけ,それはあたかも生物の個体と同じような高度の有機体と考えた。すなわちバイオームは生まれ,成長し,成熟し,そして死ぬとし,群集有機体論を展開した。…

※「バイオーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バイオームの関連キーワードアーサー・ジョージ タンズリータンズリー微生物叢

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バイオームの関連情報