コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオ燃料 バイオねんりょうbiofuel

翻訳|biofuel

7件 の用語解説(バイオ燃料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイオ燃料
バイオねんりょう
biofuel

バイオマス(植物素材や動物の死骸・糞尿)由来の燃料。生体原料は供給が容易なため,石油石炭天然ガスなどの化石燃料と異なり,再生可能なエネルギー源とみなされている。そのため石油をはじめとする化石燃料に代わる,費用効率が高く環境への負荷が小さい代替燃料といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

バイオ燃料

トウモロコシ、サトウキビ、廃木材などの植物をアルコール発酵させたバイオエタノールと、ナタネ油パーム油、廃食用油などで作るバイオディーゼル燃料(BDF)がある。植物は光合成二酸化炭素を吸収することからバイオ燃料の燃焼時に発生する二酸化炭素はカウントしないと、京都議定書で決めており、有力な温暖化対策として米国、ブラジル、EU(欧州連合)では年間数百万〜2000万キロリットル(原油計算)の規模で普及している。日本政府は2010年に50万キロリットルの生産・利用目標を掲げているが、手探り状態。このままでは目標の10分の1にとどまりそうだ。石油連盟が音頭をとって、07年に首都圏の50のガソリンスタンドで、エタノール石油精製副産物のイソブテンを混ぜた「ETBE」と呼ばれるバイオ燃料の販売を開始。08年から100店に拡大、12年に50万tのうち21万tを賄う。一方、環境省と大阪府は、バイオエタノール・ジャパン・関西会社(堺市)に、廃木材で作ったエタノール3%をガソリンに混ぜたE3の製造を依頼、府内で普及しようとしたが、石油連盟の協力が得られず、参加したスタンドは2店。北海道や新潟県では米や小麦を原料にする製造施設の建設が始まったが、全国での普及方法をめぐり政府の方針は定まらない。

(杉本裕明 朝日新聞記者 / 2008年)

バイオ燃料

バイオマスを起源とする燃料。特に、ガソリンにバイオエタノール(サトウキビなど植物から作られるエタノール)を一定量混ぜたE3(エタノール3%)、E10(同10%)、E85(同85%)と呼ばれるエタノール燃料は、地球温暖化対策と同時に石油代替燃料となるため注目されている。エタノール燃料利用の進むブラジルでは、任意のエタノールの混合比率に対応したフレックス燃料自動車が急増しているほか、アメリカでは中西部等の諸州でも早くからE10が利用されている。また、EUでは、バイオ燃料指令(2003年)のもとで、スウェーデンなどが普及の先頭に立つ。なお日本では、環境省がE10を10年頃から流通させる方針である。

(飯田哲也 環境エネルギー政策研究所所長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バイオ燃料

植物などを原料とした燃料。石油などの化石燃料に比べて二酸化炭素の排出量を抑えられるとされ、温暖化対策として注目される。一方、トウモロコシや小麦などからバイオエタノールを製造することで、食糧危機への懸念が指摘されている。食物と競合しない燃料の生産方法の開発が課題。

(2009-10-04 朝日新聞 朝刊 岡山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

バイオ燃料【バイオねんりょう】

バイオマス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイオ燃料
ばいおねんりょう
biofuel

バイオマス由来の燃料。原料となる生物の生産と消費のバランスをとることにより、実質的に二酸化炭素排出がなくなるため、地球温暖化対策として脚光を浴びている。化石資源も生物由来ではあるが、生産と消費とのバランスが成立していないため、バイオ燃料に入らない。
 輸送用バイオマス燃料として小規模ながら国内外で実用化されているものは、バイオエタノール、バイオエチルターシャリーブチルエーテル(バイオETBE)、およびバイオディーゼルである。
 バイオエタノールはサトウキビの糖類、またはトウモロコシや小麦のデンプンから微生物の働きにより製造されるエタノール(エチルアルコール)である。食料との競合が避けられず、食糧自給率のきわめて低い日本で大規模に実施することは困難であろう。食料との競合を避けるため、建築廃材、間伐材や製材所端材から得られる木材中のセルロースを化学処理により糖類に変換し、さらに糖類をアルコール発酵させてエタノールに変換することも試みられている。バイオエタノールはガソリンに添加して用いるか、バイオエタノール仕様エンジンの場合にはガソリン代替燃料として用いることができる。
 バイオETBEは、バイオエタノールと石油精製における副生成物であるイソブテンとの反応により製造される。オクタン価が高く、ガソリンに混合して用いられる。石油業界はバイオETBEを1%以上(1~8%)配合したガソリンをバイオガソリンとよび、その試験販売を首都圏50か所のガソリンスタンドで2007年(平成19)4月より始めた。2011年2月時点では、全国約2120か所のガソリンスタンドで販売されている。
 バイオディーゼル燃料(BDF:bio diesel fuel)は自動車に搭載されているディーゼルエンジン用の燃料で、やし油、菜種油、大豆油などの植物性油脂から製造される。植物性油脂はグリセリンの三脂肪酸エステルであり、通常沸点は軽油より高い500℃以上である。しかし、この油脂とメタノール(メチルアルコール)を、水酸化ナトリウムを触媒として用いて反応させると、メタノールの脂肪酸エステルになり、沸点は軽油と同等になる。したがって、軽油に混合し用いることができる。やし油は熱帯地方でないと生産性が悪く、菜種油や大豆油などの食用油は食品と競合するため、日本で多量に生産することはむずかしい。やし油など安価な原料を輸入するか、少量であってもてんぷらの廃油などを原料にすれば実用化できる。
 以上のほかに、バイオマスを直接燃焼させて発電などを行うことがある。このような場合はバイオマス自体がバイオ燃料となる。薪(まき)や木炭の利用の場合も同様である。そのほかには、バイオマスをいったんガス化(合成ガスに変換)し、さらにフィッシャー‐トロプシュ法により液体燃料を製造することができる。しかし、合成ガスは天然ガスや石炭から製造するほうが、はるかに経済性がよいため実用化はされていない。
 バイオ燃料の利用は地球温暖化対策として小規模ながら実行されている。しかし、化石燃料と比べて経済的には不利であること、さらに地球環境や食糧事情に影響を与えずに、バイオマスを安価で大量にしかも安定的に供給することは、特殊な地域を除くとむずかしいことなどから、バイオ燃料の利用には限界があるであろう。[難波征太郎]
『大聖泰弘・三井物産編『図解 バイオエタノール最前線』(2004・工業調査会) ▽松村正利・サンケァフューエルス編『図解 バイオディーゼル最前線』(2006・工業調査会) ▽山根浩二著『バイオディーゼル――天ぷら鍋から燃料タンクへ』改訂新装版(2007・東京図書出版会、リフレ出版発売) ▽小泉達治著『バイオ燃料と国際食料需給――エネルギーと食料の「競合」を超えて』(2009・農林統計協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイオ燃料の関連情報