コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイケイソウ

百科事典マイペディアの解説

バイケイソウ

コバイケイソウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バイケイソウ【Veratrum album L. ssp.oxysepalum Hultén】

林間部の明るい場所や草原に生える大型のユリ科の多年草(イラスト)。草丈は1~1.5mほどに及び,長さ20~30cmの楕円形の葉を互生する。7~8月に茎頂に大型の円錐花序をつけ,緑白色の花を密に咲かす。ユーラシア大陸産の基本変種V.album L.(英名white (false) hellebore)は鮮やかな白色の花被片をもち,しばしば栽培される。ともに花被片は6枚で,6本のおしべがある。葯は楕円円盤状のたいへん特殊な形をしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイケイソウ
ばいけいそう / 梅
[学]Verarum grandiflora Laes. f.

ユリ科の多年草。茎は太く、直立し、高さ1~1.5メートル。葉は広楕円(こうだえん)形で柄はなく、長さ15~30センチメートル。7~8月、円錐(えんすい)花序に多数の花を総状に開く。花被(かひ)は6枚で緑白色、径約2センチメートル、長さ1.2~1.5センチメートル。雄しべは6本、花被より短い。花柱は3本で、短く、外に曲がる。果実は(さくか)で3室からなる。名は、花がウメに、葉がケイランに似ることによる。低山帯から高山帯の湿った草地に生え、中部地方以北の本州に分布する。近縁種コバイケイソウは本種によく似るが、全体がより小さく、雄しべは花被より長く、花柱は曲がらない。中部地方以北の深山や高山の草地に生える。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバイケイソウの言及

【向精神薬】より

…T.シデナムはアヘンチンキを鬱(うつ)病の治療に使った。古代ギリシアではユリ科のバイケイソウを鬱病の治療に用いた。エジプト人はナス科のベラドンナ(アトロピンとヒヨスチアミンを含む)を睡眠薬として使い,フェニキア人は鬱病者に与えた。…

※「バイケイソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バイケイソウの関連キーワード中央アルプス県立自然公園バイケイソウ(梅蕙草)シュロソウ(棕櫚草)黒部五郎岳小梅蕙草高山草原葦毛湿原沼原湿原大室山段戸山梅蕙草双六岳雪渓月山農薬

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バイケイソウの関連情報