バイケイソウ

世界大百科事典 第2版の解説

バイケイソウ【Veratrum album L. ssp.oxysepalum Hultén】

林間部の明るい場所や草原に生える大型のユリ科の多年草(イラスト)。草丈は1~1.5mほどに及び,長さ20~30cmの楕円形の葉を互生する。7~8月に茎頂に大型の円錐花序をつけ,緑白色の花を密に咲かす。ユーラシア大陸産の基本変種V.album L.(英名white (false) hellebore)は鮮やかな白色の花被片をもち,しばしば栽培される。ともに花被片は6枚で,6本のおしべがある。葯は楕円円盤状のたいへん特殊な形をしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイケイソウ
ばいけいそう / 梅
[学]Veratrum album L. subsp. oxysepalum (Turcz.) Hultn
[学]Veratrum grandiflora Loes. f.

ユリ科(APG分類:シュロソウ科)の多年草。茎は太く、直立し、高さ1~1.5メートル。葉は広楕円(こうだえん)形で柄はなく、長さ15~30センチメートル。7~8月、円錐(えんすい)花序に多数の花を総状に開く。花被(かひ)は6枚で緑白色、径約2センチメートル、長さ1.2~1.5センチメートル。雄しべは6本、花被より短い。花柱は3本で、短く、外に曲がる。果実は(さくか)で3室からなる。名は、花がウメに、葉がケイランに似ることによる。北海道、九州、中国東北部、ウスリー、カムチャツカ半島などに分布する。低山帯から高山帯の湿った草地に生える。近縁種コバイケイソウは本種によく似るが、全体がより小さく、雄しべは花被より長く、花柱は曲がらない。中部地方以北の深山や高山の草地に生える。[清水建美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバイケイソウの言及

【向精神薬】より

…T.シデナムはアヘンチンキを鬱(うつ)病の治療に使った。古代ギリシアではユリ科のバイケイソウを鬱病の治療に用いた。エジプト人はナス科のベラドンナ(アトロピンとヒヨスチアミンを含む)を睡眠薬として使い,フェニキア人は鬱病者に与えた。…

※「バイケイソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バイケイソウの関連情報