コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バインダー(農業) バインダー

百科事典マイペディアの解説

バインダー(農業)【バインダー】

刈取結束機とも。イネを刈り取り束ねる機械。ガソリン機関により自走する。米国では19世紀中期に牛や馬に牽引させる大型バインダーが発明され,コンバインが登場する1930年代まで用いられた。日本では1950年代に小型のものが開発され今日に至っている。作物を引き起こし,次にバリカン様の刃で刈り取り,それを1ヵ所に送って紐(ひも)で束ね地上に放出する。バインダーで刈り取る場合は田植時に機械に合わせた条間にし,倒伏の少ない短稈(かん)種を栽培する。湿田では使用困難。
→関連項目マコーミック

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android