コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バインダー binder

翻訳|binder

デジタル大辞泉の解説

バインダー(binder)

書類・雑誌・新聞などをとじ込む文具。厚い表紙に留め金やひもの付いたもの。
稲などを自動的に刈り取って束ねる農業機械

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

バインダー【binder】

新聞・書類などの綴込用具のこともいうが,ここでは農業機械のバインダーについて述べる。刈取結束機ともいい,穀物を刈り取り,適量ずつ自動的にひもで縛って束にして機体の側方へ投げ出す穀物収穫機。アメリカでは19世紀中期に畜力用大型バインダーが考案され,さらにトラクター牽引(けんいん)型に発達して1930年ころまで欧米で広く使用されたが,コンバインの出現により現在ではほとんど用いられていない。欧米の大型バインダーに対して,日本では1950年代に小束を作る小型バインダーが開発され,イネ刈取りを中心に現在も広く利用されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

バインダー【binder】

用紙・書類などを綴じ込むための文房具。綴じ込み用表紙。
接合剤。
麦などを刈り取って自動的に束ねる機械。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バインダーの関連情報