コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バオバブ バオバブ Adansonia digitata; baobab tree; monkey bread

7件 の用語解説(バオバブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バオバブ
バオバブ
Adansonia digitata; baobab tree; monkey bread

パンヤ科の高木で乾季には葉を落す。熱帯アフリカサバナを代表する樹木で,下ぶくれのとくり形の幹は高さ 20~22mであるが,直径 10mに達する。材は柔らかくて軽いが,樹皮から強い繊維をとり,またタンニン原料ともする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バオバブ

パンヤ科の高木で、アフリカ内陸部やマダガスカルなどのサバンナに生える。幹の高さは最大約20メートル、直径は10メートルほどになる。葉は幹の上につくが乾期は落葉する。老樹は幹の中が空洞になるという。

(2015-03-12 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バオバブ(baobab)

パンヤ科の高木。アフリカのサバンナにみられ、高さ約20メートル。幹は直径5メートルを超え、とっくり状になる。葉は3~7枚の小葉からなる。乾季には落葉。白色の5弁花が垂れ下がって咲き、楕円状の実ができる。果肉・種子を食用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バオバブ

熱帯アフリカのサバンナ地帯にはえるパンヤ科の高木。上下ひっくり返したような奇妙な樹形と大木になることで知られる。幹は高さ20m,直径は異常に太くて10m近くに達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バオバブ【baobab】

アフリカの乾燥したサバンナ林地帯に分布するキワタ科の高木で,その特異な樹形とさまざまな有用性で知られる。高さ十数m,直径が10mにも達する円筒形の幹をもち,その先に密に枝を茂らせるので,乾期に落葉している状態はよく〈巨人が幹をつかんで根を地中から引き抜き,さかさまに置きかえたようだ〉と形容される。根は50m四方に張る。老樹は幹の中が空洞になって年輪を数えられないために,樹齢の推定は困難だが,数百年は生きるものと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

バオバブ【baobab】

パンヤ科の高木。アフリカのサバンナ林地帯に分布。幹は徳利のような形で高さ約20メートル、径約10メートルに及ぶ。葉は幹の上部につき、乾期に落葉する。花は白色大形。果実はヘチマのように垂れ下がり、かたい。果肉は食用・調味料とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バオバブ
ばおばぶ
baobab

バオバブの名はスワヒリ語名に由来し、バオバブAdansonia植物の総称として用いられる場合もあるが、普通は熱帯アフリカ原産のディギタータ種A. digitata L.をさす。ディギタータ種は幹の太い独特な樹形の落葉高木で、その姿は逆さまに植えられたニンジンと形容される。樹高18メートル、幹の直径9メートルに達し、樹齢2000年と推定される巨木も知られている。葉は掌状複葉で、枝の先端につき、小葉は5~7枚あり、長さ約12センチメートル。花柄は長く、下垂し、径15センチメートルの白色の5弁花をつける。雄しべは多数あり、基部が筒状に癒合し、パフ状となる。果実は長径10~40センチメートルの楕円(だえん)形で、細毛の密生した堅い外果皮で覆われ、内部にはパルプ状の果肉で包まれた径1センチメートルほどの種子が多数ある。原産地では、酸味のある果肉が清涼飲料水に用いられるほか、若葉は食用、種子は食用・薬用、樹皮は繊維料として利用されている。
 バオバブ属には、本種のほかマダガスカルに6種、オーストラリアに2種が知られている。マダガスカル産のA. za H. Bn.やA. fony H. Bn.およびA. grandidieriのみごとなとっくり形の樹形は、本属のなかでもとりわけ特異なものである。[吉田 彰]

利用

アフリカの先住民はバオバブを保護下に置き、多目的に利用する。堅い果実は容器に使う。種子の周りのパルプ質は酒石酸などを含み、甘酸っぱく、そのまま食べたり、水に溶かして清涼飲料をつくる。ビタミンCも多い。また、ゴムの凝固剤にも使われ、牧畜民は牛乳に混ぜて凝固させ、食用にし、燃やしてアブなどの害虫からウシを守った。高熱時の発汗剤として熱冷ましに利用した。種子は砕いて炊き、粥(かゆ)にしたり、ミレットと混ぜてミールにした。オーストラリアの先住民もアダンソニア・グレゴリーA. gregorii F. v. Muellを生食あるいは炒(い)って食用にした。種子は油脂に富み、それからバオバブオイルがとれる。黄色い不乾性油で、風味があり、せっけんの原料にもされた。若い葉はシチューを濃くするのに用いられる。アフリカやマダガスカルではロープや馬の腹当、民族楽器の弦に使われ、カメルーンでは皮なめしのタンニン剤として利用された。アフリカでは古い樹洞を食料の貯蔵庫や死体をミイラにするのに利用した。オーストラリアでは先住民が乾期にスポンジ状の木部をかじり、水分を得た。現在東アフリカでは、移動を制限された保護域内のアフリカゾウが、乾期に牙(きば)で幹を傷つけ、水分の供給源にしている。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バオバブの関連キーワードサバンナモンキーアフリカ象疣猪土豚砂漠飛蝗ドグエラ狒狒アフリカの女アフリカの音クロシロコロブスサバンナヒヒ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バオバブの関連情報