バザン(André Bazin)(読み)ばざん(英語表記)André Bazin

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バザン(André Bazin)
ばざん
André Bazin
(1918―1958)

フランスの映画批評家、理論家。アンジェに生まれる。サン・クルー高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリュール)を卒業したのち、占領下のパリでシネクラブ活動を組織。第二次世界大戦後、新聞、雑誌の映画批評を通じて、多義的な現実を全体的にとらえるリアリズムの主張を展開。従来のモンタージュ理論を排して、ネオレアリズモやパン・フォーカス(奥行の深い撮影)による演出を支持した。1951年には『カイエ・デュ・シネマ』誌を創刊、のちのヌーベル・バーグに多大な影響を与えた。主著に『映画とは何か』(1958~1962)がある。

[武田 潔]

『小海永二訳『映画とは何か』全4巻(1967~1977・美術出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる