コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バジョット バジョット Bagehot, Walter

3件 の用語解説(バジョットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バジョット
バジョット
Bagehot, Walter

[生]1826.2.23. ラングポート
[没]1877.3.24. ラングポート
イギリスの政治学者,経済学者,社会評論家。ロンドンのユニバーシティ・カレッジに学ぶ。卒業後文芸批評のかたわら,1852年から家の銀行業にたずさわった。 60年『エコノミスト』の主筆として経済,社会,政治,法律,文学から,生物学にいたるまで広範な執筆を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バジョット【Walter Bagehot】

1826‐77
イギリスの銀行家,文芸評論家,ジャーナリストで,さらに政治・経済学者。大学卒業後フランスに渡り,ルイ・ナポレオンクーデタの評論で注目され,帰国後,家業の銀行業をつぐほか文芸評論誌の創刊に加わった。《エコノミスト》誌の創始者ウィルソンの娘と結婚した縁で,のちに同誌の経営・編集上の責任者となった。多数の評論を残したが,その主著《イギリス憲政論》(1867)は第1次選挙法改正後の憲政のリアルな描写で有名であり,《自然科学と政治学》(1872)によって政治心理学草分け的存在ともされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バジョット
ばじょっと
Walter Bagehot
(1826―1877)

イギリスの経済学者、政治学者、ジャーナリスト。サマーセットのラングポートに銀行家の息子として生まれる。ロンドン大学のユニバーシティ・カレッジを卒業後、家業の銀行業に従事するかたわら、評論活動を行った。1855年『ナショナルレビュー』を創刊、おもに文芸批評に携わったが、1858年『エコノミスト』の創設者であったジェームズ・ウィルソンの長女と結婚、2年後岳父の急死によって『エコノミスト』の経営者、続いて編集者となり、政治、経済、文化、歴史、人物評の幅広い分野にわたる、生き生きとした描写からなる評論活動を行った。イギリスの議会政治を克明に描いた『イギリスの国家構造』(1867)、政治心理学の草分けとされる『自然科学と政治学』(1872)は、政治思想史上の古典の地位を占め、またイングランド銀行の役割を論じた『ロンバード街』(1873)は、19世紀の金融史を論じるうえで不可欠の著作となっている。[千賀重義]
『深瀬基寛訳『英国の国家構造』(1947・弘文堂/1967・清水弘文堂書房) ▽大道安次郎訳『自然科学と政治学』(1948・岩崎書店) ▽久保恵美子訳『ロンバード街』(2011・日経BP社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバジョットの言及

【エコノミスト】より

…発刊当時は,実際上の主目標は穀物法の撤廃に置かれ,R.コブデン,J.ブライト,J.S.ミル,T.ホジスキンらの多くの論客が寄稿し,反政府的色彩が強かった。60年以降,女婿のW.バジョットが主筆となり,終生(‐1877)健筆をふるい,名編集者としてますます同誌の名声を高めた(当時の発行部数約3000部)。1943年9月(当時は約1万部),創刊100年を記念して経済問題だけでなく,広く社会諸事象をも取り扱うことにするとともに,単に寄稿家の意見を掲載するだけでなく,同誌独自の意見をもつために,Economist Intelligence Unitを創立し,今日,ロンドンだけでも1000余人,日本を含む世界の大多数の国の現地支所を合わせると優に1万を超す職員を擁している。…

【演技】より

…政治家が舞台の上の役者にたとえられるゆえんである。 W.バジョットはかつて,イギリス憲法は演劇的部分と機能する部分とから成ると表現した。君主を中心に据え,非常に古く,伝統的要素に包まれ,壮麗さを帯びて威厳をもった前者が,民衆の心をとらえ,動かす。…

【権力分立】より

…その後,近代憲法が確立していく過程では,多かれ少なかれ議会の優位が貫かれるようになると,そのような制度を説明する用語として権力分立という言葉が積極的に使われることはむしろ少なくなる。たとえば,19世紀イギリスで確立した,議会優位型の議院内閣制についてW.バジョットは,《イギリスの国家構造》(1867)のなかで,立法権と行政権の〈融合〉を論じ,〈内閣は下院の一委員会,ただしみずからを任命した議会を解散できる委員会〉と表現した。他方,19世紀後半から20世紀にかけてのドイツで,内閣の対議会責任制度すなわち議院内閣制の導入を唱えるParlamentarisierung(議会制度化)の要求が出されるようになったとき,そのような進展をおしとどめようとする側がGewaltenteilung(三権分立)のシンボルを援用したのであった。…

※「バジョット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バジョットの関連キーワードイギリス領西アフリカ民族会議国際ジャーナリスト連盟ジャージー島ジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリストパックジャーナリズムフォトジャーナリズムスポーツジャーナリスト日本ジャーナリスト会議

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バジョットの関連情報