コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バゼーヌ バゼーヌ Bazaine, Achille-François

4件 の用語解説(バゼーヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バゼーヌ
バゼーヌ
Bazaine, Achille-François

[生]1811.2.13. ベルサイユ
[没]1888.9.28. マドリード
フランスの軍人,将軍。クリミヤ戦争イタリア遠征に従軍。メキシコ遠征の最高司令官。 1870年7月普仏戦争が始ったとき,ロレーヌ軍の司令官,8月総司令官となったが,活発な行動はせず,敗戦を重ねた末,10月 27日メッツの戦いで 14万人の兵を率いて降伏した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バゼーヌ
バゼーヌ
Bazaine, Jean

[生]1904.12.21. パリ
[没]2001.3.4. パリ近郊クラマール
フランスの画家。初め彫刻を学んだが,1924年絵画に転じた。 1941年「フランス伝統青年画家」結成の中心メンバーとなり,キュビスムフォービスムの様式の結合を目指した。 1945年以降,非具象的な作風を示し,アッシの聖堂のステンドグラス,オダンクール聖堂やパリの国際連合教育科学文化機関 UNESCO本部のモザイク壁画を制作した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バゼーヌ

フランスの画家。パリ生れ。ソルボンヌに学んだのち,美術学校彫刻科に入る。1941年占領下のパリで〈フランス的伝統の新進画家〉展を組織。ノン・フィギュラティフの代表的画家で,パリのユネスコ本部にモザイクを制作した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バゼーヌ
ばぜーぬ
Jean Bazaine
(1904―1975)

フランスの画家。パリに生まれる。エコール・デ・ボザール(国立美術学校)で彫刻を学ぶが、しだいに絵画に関心を向けるようになり、1924年以降は彫刻を捨てて絵画に専念、アカデミージュリアンで学ぶ。31年からサロン・ドートンヌに出品。翌32年には最初の個展を開催し、同展を見たボナールから励まされる。戦前は静物や室内を主題に、キュビスティックな手法で制作したが、キュビスムはあくまでも出発点にすぎず、印象派やボナールの芸術が彼にとって継承すべき伝統となる。その後しだいに非具象的傾向を強めていき、47年ごろには具象的なものが画面から消えてゆく。しかし彼の芸術は純粋な抽象とは異なっており、制作の根底にはつねに自然との交感がある。バゼーヌ自身、自らの作品が抽象であることを否定しており、「私が絵に描くものは自然を前にしたときに覚えた感情の結果なのだ」という。自然は画家の内面の詩情によって濾過(ろか)され、動的リズムと豊かなマチエールを伴った新たな姿で画面に現れる。彼はまた『現代絵画に関するノート』(1948)を著すなど、優れた理論家でもあった。[大森達次]
『宗左近・田中梓訳『バゼーヌ芸術論』(1976・美術公論社) ▽宗左近・柴田道子訳『白い画布』(1979・美術公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バゼーヌの関連キーワードNすぱりパリアパリジェンヌ三角数パリダカヘパラン硫酸イサム=ノグチDiaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone