コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バックグラウンド・ミュージック background music

翻訳|background music

世界大百科事典 第2版の解説

バックグラウンド・ミュージック【background music】

特定の空間環境の中に組み込まれた音響および音楽総称BGM略称も使われている。1960年代までは,本来は音のない環境に一定目的をもって組み込んだ音楽を指した。第2次世界大戦中に,勤労動員工場で働く人の疲労を和らげ,事故を減少させるために作られたBBCの番組は,その典型である。医療における使用もBGMの重要な分野である。今日では,ラジオよりも,目的に合わせて録音されたレコードテープが大量に,しかも,組織的に供給されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバックグラウンド・ミュージックの言及

【イージー・リスニング】より

…かつてムード・ミュージックと呼ばれていたような音楽を,1970年前後から,アメリカでの音楽業界紙の呼び方にならい,イージー・リスニング・ミュージックと言うようになった。その背景として,駅やデパートなどでいわゆる〈BGM(バックグラウンド・ミュージック)〉としてたえずスピーカーから音楽が流されることが一般化し,また単純労働の行われている作業場などでBGMの及ぼす作業能率へのプラス効果が研究されるなど,人間工学的な角度から音楽を利用しようとする社会的な動きが存在した。【中村 とうよう】。…

【音楽】より

… 現代は,音楽の聞き方が柔軟な広がりを見せつつある時代といえよう。とくに日本では,洋楽・邦楽の各ジャンル,歌謡曲,民謡,ジャズ,ポピュラー音楽など,あらゆる種類の音楽が並立し,さらにCMソングやバックグラウンド・ミュージックまで数えれば,音楽は膨大な広がりをもっている。この状況は,とくに第2次世界大戦以後のマス・コミュニケーションの発展によるあらゆる種類の音楽への接近可能性と,音響機器の発達による録音再生および複製の広範な可能性によって開かれたものであり,新しい状況は音楽の概念そのものの変質と拡大を促したのである。…

※「バックグラウンド・ミュージック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バックグラウンド・ミュージックの関連キーワードエリック・アルフレッド・L. サティバックグラウンド・ミュージックイージー・リスニングバックミュージックサウンドスケープバックグラウンドプラネタリウムシェーファー音楽療法環境音楽聴取率BGV騒音特定

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android