コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バック バックBack, Sir George

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バック
Back, Sir George

[生]1796.11. ストックポート
[没]1878.6.23. ロンドン
イギリスの探検家,海軍軍人。特に 19世紀前半の北アメリカ大陸の北極海沿岸地方の探検で知られ,『グレートフィッシュ河口までの北極探検記』 Narrative of the Arctic Land Expedition to the Mouth of the Great Fish River (1836) ,『テラー号探検記』 Narrative of an Expedition in H. M. S. Terror (38) を残した。 1839年ナイト爵に叙せられ,57年海軍大将になった。

バック
Buck, Carl Darling

[生]1866.10.2. オーランド
[没]1955.2.8. シカゴ
アメリカの言語学者。エール大学卒業。シカゴ大学教授。アメリカにおけるインド=ヨーロッパ語族研究の基礎を築いた。特にラテン語とギリシア語の研究への貢献が大きい。主著『オスク語・ウンブリア語文法』A Grammar of Oscan and Umbrian (1904) ,『ギリシア語方言研究入門』 Introduction to the Study of the Greek Dialects (28) ,『ギリシア語・ラテン語比較文法』A Comparative Grammar of Greek and Latin (33) ,"A Dictionary of Selected Synonyms in the Principal Indo-European Languages" (49) 。

バック
Buck, Pearl

[生]1892.6.26. ウェストバージニア,ヒルズボロ
[没]1973.3.6. バーモント,ダンビー
アメリカの女流作家。旧姓 Sydenstricker。 1938年ノーベル文学賞受賞。長老教会の宣教師だった両親に伴われて幼いとき中国に渡り,自国で高等教育を受けたのち,中国に戻り,教師をつとめ,17年に宣教師 J.L.バックと結婚。中国における東西文明の問題を追求した処女作『東の風,西の風』 East Wind: West Wind (1930) に次ぐ『大地』 The Good Earth (31) によって,ピュリッツァー賞を受賞,一躍流行作家となった。この作品は『息子たち』 Sons (32) ,『分裂した家』A House Divided (35) とともに,3部作『大地の家』 The House of Earth (35) を構成する。 34年離婚して帰国。ほかに,『愛国者』 The Patriot (39) ,『竜子』 Dragon Seed (42) ,『皇太后』 Imperial Woman (56) ,短編集『最初の妻』 The First Wife (33) ,『水滸伝』の翻訳,伝記など。

バック
Buck,Linda B.

[生]1947.1.29. ワシントン,シアトル
アメリカの生理学者。ワシントン大学で心理学と微生物学を学び,1980年テキサス大学サウスウェスタン医学センターにて免疫学の博士号を取得。 1980年から 1991年までコロンビア大学でリチャード・アクセルと共同研究を行なった。その後ハーバード大学を経て,2002年からフレッド・ハッチンソン癌研究センター研究員。 1984年からハワード・ヒューズ医学研究所研究員,2003年からワシントン大学教授を兼任。 1980年代アクセルとともに嗅覚の研究を行ない,1991年共同論文を発表。マウスを使った実験で,においの受容体遺伝子が 1000種類もあることを発見,においの認識の仕組みを解明し,視覚や聴覚などほかの感覚に比べて遅れていた嗅覚研究が急速に発展するきっかけとなった。 2004年アクセルとともにノーベル生理学・医学賞を受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バック(back)

[名](スル)
背。背中。また、背部。裏面。後部。「バックにポイントのあるドレス」「車のバックシート」
背景。背後。また、背後に隠れているもの。「湖水をバックに写真を撮る」「バックに音楽を流す」「バックに利権問題がからむ」
後援すること。また、その人。後ろ盾。「地元がバックにつく」「有力なバックがある」
後進すること。うしろへ戻ること。また、戻すこと。「車がバックする」「バックしてフライを捕る」「利益の一部をバックする」
ラグビー・サッカー・バレーボールなどで、後衛。→バックス
バックストローク」の略。「バックで泳ぐ」
バックハンド」の略。「バックで打つ」
バックギア」の略。「ギアをバックに入れる」
俗に「後背位」のこと。
[補説]9は日本語での用法。

バック(Pearl Buck)

[1892~1973]米国の女流小説家宣教師の両親のもとに中国で育ち、同国民衆の生活を深い理解と共感をもって描いた。1938年ノーベル文学賞受賞。代表作大地」。パール=バック。

バック(Frédéric Back)

[1924~2013]カナダのアニメーション作家。フランスの生まれ。色鉛筆の柔らかなタッチ原画を描く手法で知られる。1982年に「クラック!」、1988年に「木を植えた男」で、それぞれアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

バック

米国の女性作家。ウェスト・バージニア州に生まれ,宣教師の娘として中国で育つ。《東の風,西の風》(1930年)以後,中国の心を欧米に伝える長編を書きつぎ,代表作は《大地》(1931年)。
→関連項目ピュリッツァー賞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バック【Pearl Buck】

1892‐1973
アメリカの小説家。ウェスト・バージニア州に生まれ,生後5ヵ月で宣教師の両親とともに中国に渡る。母国で大学教育を受け,中国に戻って宣教師となる。1917年宣教師で農業経済学者でもあり,《支那農業論》の著者として日本でも知られるJ.L.バック(1890‐1975)と結婚し,一時南京大学で英文学を教える。処女作《東の風,西の風》(1930)に続く《大地》(1931)はベストセラーとなり,32年ピュリッツァー賞を受ける。

バック【Peter Henry Buck】

1877‐1951
ニュージーランドの人類学者,ハワイのビショップ博物館館長(1936‐51)。マオリ名テ・ランギヒロアTe Rangihiroa。父はアイルランド系,母はマオリ族出身である。北島タラナキに生まれ,オタゴ大学医学部卒業後マオリの医療に従事し,マオリ青年党の国会議員として教育や保健衛生の改善につとめた。第1次大戦には軍医として参加,戦後は太平洋のポリネシア諸民族の人類学的調査と研究をハワイやイェール大学で行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

バック【back】

( 名 ) スル
背。背面。後ろ。 ↔ フロント
背景。 「校舎を-にしたスナップ」
後援。後援者。 「有力な-がいる」
後退すること。 「車が-する」
戻すこと。 「手数料はあとで-される」
球技などで、後ろを守る人。
バックストロークの略。
バックハンドの略。

バック【Pearl Buck】

1892~1973) アメリカの女流小説家。宣教師の子として中国に育ち、東西文明の問題を主題とした小説を多く書いた。代表作「大地」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

バック

生年月日:1890年11月27日
アメリカの農業経済学者
1975年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内のバックの言及

【ニュージーランド】より

…文字を獲得したマオリ系研究者の好著も多い。P.H.バックの《偉大なる航海者たち》(1938)と《マオリの渡来》(1949)は歴史的,人類学的にマオリを理解する必読書である。ナタApirana Ngata(1874‐1950)の《マオリ詠唱歌集》(1929)は,彼の死後も名語り手フリヌイ・ジョーンズ博士が引き継ぎ,第3集まで刊行中である。…

※「バック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バックの関連キーワードバックドア型コンピューターウイルスセールスアンドリースバック方式グリーンスクリーン合成ブルースクリーン合成センドバックサポートバックミュージックグリーンバック合成バックポーティングエネルギー回収年数エネルギー回収期間トップオブスイングライトキャッシュバックストレートバックパッカースナップバックコロンビア大学インドレイヨウビージーエムパールバックノッチバック

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バックの関連情報