コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バックハウス Backhaus, Wilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バックハウス
Backhaus, Wilhelm

[生]1884.3.26. ライプチヒ
[没]1969.7.5. フィラッハ
ドイツ生れのピアニスト。8歳でデビュー,ライプチヒ音楽院に学び,1905年パリでルビンシテイン賞を受賞。同年イギリスのマンチェスター王立音楽大学教授となり,12~14年アメリカに演奏旅行。第2次世界大戦終結とともにスイスのルガーノ地方に移り,46年スイスに帰化。ベートーベンを得意とし,スケールの大きな演奏で「鍵盤上の獅子」と呼ばれた。 54年来日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バックハウス(Wilhelm Backhaus)

[1884~1969]ドイツ生まれの、スイスのピアノ奏者。鍵盤の獅子王とよばれ、特にベートーベンの演奏で知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

バックハウス

ドイツのピアニスト。生地のライプチヒ音楽院に学んだのち,フランクフルトでリストの高弟E.ダルベール〔1864-1932〕に師事。1900年に16歳でソリストとしてデビューし,翌年にはニキシュ指揮のライプチヒ・ゲバントハウス管弦楽団と共演。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バックハウス【Wilhelm Backhaus】

1884‐1969
ドイツのピアノ奏者。初め生地ライプチヒでピアノを学んだが,のちフランクフルトに移って,リストに学んだ大ピアニストのダルベールEugen d’Albertに師事。演奏技術を磨くとともに,ベートーベンの作品解釈に関して有益な教えを受けた。1900年ロンドンでのデビュー演奏会が成功,翌年ニキシュ指揮のライプチヒ・ゲバントハウス管弦楽団と協演。以後,ごく短期間教職に就いたのを除き,もっぱら独奏者としての活動に専念した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

バックハウス【Wilhelm Backhaus】

1884~1969) ドイツ生まれのスイスのピアノ奏者。骨太の音楽的構成感と強靭なタッチが特徴。ベートーベンの演奏に定評がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バックハウス
ばっくはうす
Wilhelm Backhaus
(1884―1969)

ドイツ生まれのスイスのピアノ奏者。生地ライプツィヒでレッケンドルフに、ついでフランクフルトに移って名手ダルベールに師事した。1900年ロンドンでデビュー、華々しい成功を収め、翌年ニキシュ指揮のゲバントハウス管弦楽団の独奏者に選ばれて故郷に錦(にしき)を飾った。以来、多忙な演奏活動に入る。ヒトラーが政権を握った33年スイスに移住、46年スイス国籍を取得。第二次世界大戦後も精力的に活動を続け、一時不調を伝えられたもののほどなく立ち直り、堅固な音楽造形力と真に巨匠的な演奏技巧を駆使するスケールの大きい芸風を築き上げた。54年(昭和29)来日。ドイツ音楽、とりわけベートーベンとブラームスで高い境地を示した。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バックハウスの関連キーワードウィーン・フィルハーモニー管弦楽団トレバー・ローパーバルトーク3月26日フルニエタッチ定評

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バックハウスの関連情報