コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バフンウニ Hemicentrotus pulcherrimus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バフンウニ
Hemicentrotus pulcherrimus

棘皮動物門ウニ綱拱歯目オオバフンウニ科。殻径 5cm,殻高 2cm以下の暗緑色のウニで,形,色などが馬糞を思わせるのでその名がある。とげは短小で 1cm以下。4月頃成熟する。卵巣塩漬アルコール漬にして食用とするが,雲丹 (うに) の原料としては最高とされる。北海道南部以南に分布し,潮間帯付近の岩石下などに普通にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

バフンウニ

ウニ綱オオバフンウニ科の棘皮(きょくひ)動物。形や色が馬糞(ばふん)に似ているのでこの名がある。殻径5cm,高さ2cm以下で上下にやや平たい。とげは細くて短い。
→関連項目ウニ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

バフンウニ

 [Hemicentrotus pulcherrimus].ホンウニ目ホンウニ亜目バフンウニ属のウニ.食用にするウニの一種.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バフンウニ【Hemicentrotus pulcherrimus】

ウニ綱オオバフンウニ科の棘皮(きよくひ)動物(イラスト)。ウニの形や色が馬糞(ばふん)に似ているところからこの名がある。東北地方から九州,朝鮮半島,中国の沿岸に分布し,干潮線付近の石の下などにふつうに見られる。殻は径5cm,高さ2cm以下で,暗緑色,うすい紅色,白色などの短いとげが混じって密生する。管足は4縦列に並んでいて,C字状体の骨片をもっている。生殖時期は2~5月で生殖巣はおいしく,〈雲丹(うに)〉に加工される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バフンウニ
ばふんうに / 馬糞海胆
[学]Hemicentrotus pulcherrimus

棘皮(きょくひ)動物門ウニ綱オオバフンウニ科に属する海産動物。棘(とげ)が短く、全体が馬糞(ばふん)のような外観の小形のウニ。本州、四国、九州の沿岸を通じて、ムラサキウニとともにごく普通にみかけられる。ムラサキウニとは生息場所や生態がやや異なり、石の下や岩棚の中に群生して海藻を摂食する。殻径3、4センチメートル、棘長2、3ミリメートルぐらい。棘の色には変異が多いが、全体として暗緑色で、白や淡紅色のものが混在する。裸殻は淡緑色。産卵期は地方によってかなり異なり、12月から翌年4月にわたる。生殖巣を塩蔵加工したものは「雲丹(うに)」の最高級品とされるが、小形種のため収量が少ないという難点をもち、産額はエゾバフンウニやキタムラサキウニに比べて格段に低い。古くから本種の漁の盛んなのは北陸地方や山陰地方で、越前(えちぜん)地方はとくに名高い。これらの地方では採苗器による稚仔(ちし)の採集や人工礁による育成、さらには禁漁期の設定などをして増殖を図っている。漁期は7、8月。食用以外には発生学の研究材料として広く用いられている。東北地方で分布域の重なるエゾバフンウニStrongylocentrotus intermediusとは、同科の別属に分類される。日本沿岸のほか、朝鮮半島と中国沿岸にも分布する。[重井陸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バフンウニの関連キーワードバイオテクノロジー海胆・海栗・雲丹キタムラサキウニ練り製品・塩辛エゾバフンウニムラサキウニ岩手のウニ漁ウニ(海胆)蝦夷馬糞海胆アカウニ北紫海胆馬糞海胆越前うに練りうに紫海胆赤海胆海胆

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バフンウニの関連情報