コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バヤン バヤン 〈ロシア〉bayan

3件 の用語解説(バヤンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バヤン(〈ロシア〉bayan)

ロシア独特のボタン式鍵盤(けんばん)による大型アコーディオンバラライカとともに大衆的合唱や舞踊には欠かすことのできない楽器。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バヤン【Bayan】

1246‐94
中国,元代初期の勲臣。バーリン部の人。イランフレグ家から宗主フビライ(世祖)のもとに使して見いだされた。1274年(至元11)南宋征服軍の総司令官となり,76年南宋の首都臨安を無血開城させた。翌年カラコルムに派遣され,トゥルイ家諸王の反乱軍を撃破し,87年にはハイドゥを撃退して,モンゴル高原の確保に貢献した。有能のゆえに一時更迭もされたが,フビライ没後は皇太孫テムル(成宗)を擁立した。【杉山 正明】

バヤン【Bayan】

中国,元代中・末期の権臣。生没年不詳。メルキト部の人。ハイシャンに従って対ハイドゥ戦に活躍,1307年(大徳11)帝位を継いだハイシャン(武宗)とともに中央政界に入った。以後要職を歴任,1328年(至和1)泰定帝が上都で没すると,キプチャク軍団長エル・テムルとむすんで大都(北京)で反乱をおこし,武宗系の帝位回復に成功した。エル・テムル死後は,かわって独裁的権力を握ったが,実権奪回をはかる順帝に計られ失脚し自殺した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のバヤンの言及

【水運】より

…しかし南宋以来の長い混乱期に運河は荒廃し,沿線の治安も悪く,安定した漕運を維持できなくなっていた。南宋を滅ぼした元の宰相バヤン(伯顔)は,当時発達してきた航海技術を用いて海路を漕運に用いることを考え,1282年(至元19)とくに平底の船(のちの沙船,すなわちジャンク)を造らせて糧米を北方へ運んだ。時期により若干の変更はあるものの,そのルートは長江デルタを横断して海へ出,沿岸を北上し,山東半島を迂回して直沽(天津)へ至るものであった。…

※「バヤン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バヤンの関連キーワード陸信忠投下南人河東派召公奭勲臣ボンバーマン'94初期腐敗仲資王記ランターズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バヤンの関連情報