コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリクパパン バリクパパン Balikpapan

5件 の用語解説(バリクパパンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バリクパパン
バリクパパン
Balikpapan

インドネシア,ボルネオ島カリマンタン東岸の港湾都市。カリマンタンティムール州南端,バリクパパン湾の湾口にある。熱帯雨林気候で,年平均気温は 26.1℃,月降水量は 132mm (10月) ~231mm (3月) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バリクパパン(Balikpapan)

《「バリッパパン」とも》インドネシア中部、カリマンタン島ボルネオ島)南東岸の港湾都市。石油の採掘・精製が盛ん。木材、鉱物資源石油製品を輸出する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バリクパパン

インドネシア,ボルネオ島(カリマンタン)東岸の港湾都市。マカッサル海峡に面する。20世紀初頭以来,市の北方の油田サンガサンガの開発とともにその積出港として発展,石油コンビナートを備える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バリクパパン【Balikpapan】

インドネシア,ボルネオ島東海岸の港市。人口30万9000(1990)。同名湾の湾奥に位置し,マカッサル海峡に臨む。20世紀初頭から周辺の油田開発に伴い,積出港として発展してきた。オランダ領時代からの巨大な精油所がある。付近では近年日本との合弁による新油田開発が進められている。北方の東カリマンタン州の州都サマリンダとの間に国道が通じ,南郊のスピンガンに空港がある。【別技 篤彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バリクパパン
ばりくぱぱん
Balikpapan

インドネシア中部、カリマンタン(ボルネオ島)東海岸の都市。マカッサル海峡に臨むバリクパパン湾頭に位置する。人口28万0675(1980)。東カリマンタン州の州都サマリンダとの間には国道が通じ、空港もある。20世紀初期以来、周辺の油田開発に伴って積出し港として発展し、カリマンタン石油業の一大中心地となった。海岸には190万キロリットルの精油能力をもつ巨大な精油所が並ぶ。採掘と精製は、初めはオランダ系のBPM社によって行われたが、第二次世界大戦で日本軍に占領され、1960年以後はインドネシア国営のプルタミナ社が主導権を握っている。付近の油田では日本との合弁事業による開発も進められ、また、海底油田の試掘も行われている。近年は木材積み出しも盛んである。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バリクパパンの関連キーワードインドネシア語派タラカン島ボルネオ島ボルネオ象カリマンタン島クンバン島スバティック島ラヤ山インドネシアの恋唄ボルネオ[島]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バリクパパンの関連情報