コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルカン問題 バルカンもんだい

百科事典マイペディアの解説

バルカン問題【バルカンもんだい】

19世紀後半から20世紀初頭,トルコ支配下にあったバルカンの領土および民族問題をめぐって生じた国際的諸問題。一方にはセルビア,ギリシアに始まった非イスラム諸民族の独立運動があり,他方には南下政策・パン・スラブ主義をとるロシア,東進政策を推進するオーストリア,東方植民地の経営・拡大を推進する英・仏など列強の帝国主義的利害が複雑に対立していた。
→関連項目バルカン半島ボスニア・ヘルツェゴビナ併合問題

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バルカンもんだい【バルカン問題】

オスマン帝国の衰退にともなって強まったバルカン諸民族の独立を求める運動と,それに対するオスマン帝国の対応,およびこれを機に増大したヨーロッパ列強のさまざまな干渉によって引き起こされた国際政治問題をいう。オスマン帝国とヨーロッパ列強との関係は,一般に東方問題としてとらえられるが,19世紀から20世紀にかけてバルカン問題はその重要な一部を構成していた。ただし実際にバルカン問題という用語がひろく用いられるようになったのは19世紀末以後である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルカン問題
ばるかんもんだい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バルカン問題の関連キーワードハプスブルク家第1次世界大戦第一次世界大戦オスマン帝国ベルリン会議ヘルフェリヒマケドニア長瀬 鳳輔再保障条約三B政策フランツグレー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android