バルタ[川](英語表記)Rzeka Warta

世界大百科事典 第2版「バルタ[川]」の解説

バルタ[川]【Rzeka Warta】

ポーランド北西部の川。ポーランドとドイツの国境を流れるオーデル(オドラ)川右岸最大の支流で,全長808km,流域面積5万4607km2に及ぶ。源流クラクフ・チェンストホバ高地に発し,ビエルコポルスカ平野を北流する。コウォ付近で東西方向のモレーン丘陵群にぶつかり,西へ流れを変え,ポズナンを経てビエルコポルスカ平野をほぼ貫流してオーデル川に合流する。春に高水位となるが,河状は比較的安定している。バルタ川支流のノテチ川とビドゴシュチ運河によってビスワ河谷と結ばれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android