バルタ[川](英語表記)Rzeka Warta

世界大百科事典 第2版の解説

バルタ[川]【Rzeka Warta】

ポーランド北西部の川。ポーランドとドイツの国境を流れるオーデル(オドラ)川右岸最大の支流で,全長808km,流域面積5万4607km2に及ぶ。源流はクラクフ・チェンストホバ高地に発し,ビエルコポルスカ平野を北流する。コウォ付近で東西方向のモレーン丘陵群にぶつかり,西へ流れを変え,ポズナンを経てビエルコポルスカ平野をほぼ貫流してオーデル川に合流する。春に高水位となるが,河状は比較的安定している。バルタ川支流のノテチ川とビドゴシュチ運河によってビスワ河谷と結ばれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android