コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デボン紀 デボンき Devonian Period

6件 の用語解説(デボン紀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デボン紀
デボンき
Devonian Period

地質時代の年代区分の一つで,古生代で古いほうから 4番目のイギリスデボンシャーシルル系(→シルル紀)と石炭系(→石炭紀)の間を占める地層に名称を与えたのに始まる。約 4億1600万年前から約 3億5920万年前までの期間にあたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

デボン‐き【デボン紀】

地質時代の区分の一。古生代の中ごろ、シルル紀のあと、石炭紀の前の時代。4億1600万年前から3億6700万年前まで。魚類やシダ植物が繁栄し、両生類が出現した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デボン紀【デボンき】

古生代の4番目の地質時代名。4億900万年前から3億6300万年前まで。シルル紀と石炭紀の間。英国のデボン州にちなみ,A.セジウィックとR.マーチソンが命名。魚類(特に甲冑(かっちゅう)魚)が豊富なので〈魚の時代〉ともいう。
→関連項目イクチオステガ甲冑魚古生代プシロフィトン迷歯類

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

デボンき【デボン紀 Devonian period】

古生代第4番目の紀で,イギリスのデボン州にちなんで命名された。約4億0800万年前から3億6000万年ほど前までのおよそ4800万年の期間を指す。シルル紀後期からこの紀の前半までは,主として海生無脊椎動物が繁栄していたが,そのころから甲冑魚類(甲皮類)や板皮類などの原始魚類が栄えはじめ,全体としてデボン紀魚類時代とも称される。また,この紀は植物が初めて陸上へ進出する時でもあり,デボン紀初期のライニアなど古生マツバラン類がその先駆者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

デボンき【デボン紀】

〔デボンに分布する地層にちなむ〕
古生代の四番目に古い紀。今から約四億一六〇〇万年前から約三億六七〇〇万年前までのおよそ五〇〇〇万年間。海中には腕足類や甲冑魚かつちゆうぎよ類が栄えた。また、陸上では鱗木りんぼくなどが出現。北欧にはカレドニア造山運動が起こった。魚類時代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デボン紀
でぼんき
Devonian period

古生代を六つの紀に区分したときの第四番目の地質時代で、名称はこの時代の海成層が発達するイギリスのデボン県に由来する。シルル紀と石炭紀の間の約4億1920万年前から約3億5890万年前までの約6030万年間に相当する。デボン紀に形成された地層をデボン系という。デボン紀は魚類の時代といわれ、動物界では、軟骨魚類、甲冑魚(かっちゅうぎょ)類の無顎(むがく)類や板皮(ばんぴ)類の多くの種類が分化した。海生の無脊椎(せきつい)動物では、腔腸(こうちょう)動物の層孔虫類・床板サンゴ類が栄え、コケムシ類などとともに礁(しょう)を形成した。腕足類ではスピリファ科の分化が著しい。アンモナイト類もこの時代に出現している。陸上の無脊椎動物としては、節足動物門のクモ・ダニ、原始的な昆虫類の化石が知られている。植物界では、鱗木(りんぼく)などの木性シダ植物の大木が出現する。
 シルル紀末から当紀の前半に、古大西洋(イアペタス海Iapetus Ocean)により隔てられていた古北米大陸がプレート運動で古ヨーロッパ大陸に接近・衝突し、広大なローレンシア大陸(ローレンシア台地)が形成された。両大陸が衝突した北アメリカのアパラチア地方からスコットランド北部のカレドニア地域を経てスカンジナビア半島・グリーンランド東部に連なる激しい造山運動があり、ヨーロッパではカレドニア造山運動、北アメリカではアパラチア造山運動として知られている。造山運動の結果生じた山地周辺や内陸盆地には、乾燥気候下で生成された旧赤色砂岩層が堆積(たいせき)した。サンゴ礁が広く分布することから気候は概して温暖であったと考えられるが、南半球の極地域には氷河の発達もあった。日本では、北上山地、阿武隈(あぶくま)山地、飛騨(ひだ)山地、西南日本外帯にシルル系とともに細長く分布し、ハチノスサンゴ、腕足類などのほかにシダ植物の化石も産する。[小澤智生・小林文夫]
『エドウィン・H・コルバート著、田隅本生訳『脊椎動物の進化 上 魚類の出現から爬虫類時代まで』新版(1978・築地書館) ▽ドゥーガル・ディクソン著、小畠郁生監訳『生命と地球の進化アトラス デボン紀から白亜紀』(2003・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デボン紀の関連キーワードアステロキシロンオルドビス紀シルル紀秩父古生層ベーリー旧古生代新古生代デボンイギリス巻イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デボン紀の関連情報