コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デボン紀 デボンきDevonian Period

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デボン紀
デボンき
Devonian Period

地質時代の年代区分の一つで,古生代で古いほうから 4番目の。イギリス,デボンシャーのシルル系(→シルル紀)と石炭系(→石炭紀)の間を占める地層に名称を与えたのに始まる。約 4億1920万年前から約 3億5890万年前までの期間にあたる。シルル紀からデボン紀にかけて,各地の造山帯カレドニア造山運動があり,その際出現した山地の周辺に,淡水,汽水性の旧赤色砂岩が形成された。アンモナイト腕足類示準化石として重要。魚類無顎類が最盛期を迎え,多くの種類が出現したので魚類の時代ともいわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

デボン紀【デボンき】

古生代の4番目の地質時代名。4億900万年前から3億6300万年前まで。シルル紀と石炭紀の間。英国のデボン州にちなみ,A.セジウィックとR.マーチソンが命名。魚類(特に甲冑(かっちゅう)魚)が豊富なので〈魚の時代〉ともいう。
→関連項目イクチオステガ甲冑魚古生代プシロフィトン迷歯類

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デボンき【デボン紀 Devonian period】

古生代第4番目の紀で,イギリスのデボン州にちなんで命名された。約4億0800万年前から3億6000万年ほど前までのおよそ4800万年の期間を指す。シルル紀後期からこの紀の前半までは,主として海生無脊椎動物が繁栄していたが,そのころから甲冑魚類(甲皮類)や板皮類などの原始魚類が栄えはじめ,全体としてデボン紀は魚類時代とも称される。また,この紀は植物が初めて陸上へ進出する時でもあり,デボン紀初期のライニアなど古生マツバラン類がその先駆者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

デボンき【デボン紀】

〔デボンに分布する地層にちなむ〕
古生代の四番目に古い紀。今から約四億一六〇〇万年前から約三億六七〇〇万年前までのおよそ五〇〇〇万年間。海中には腕足類や甲冑魚かつちゆうぎよ類が栄えた。また、陸上では鱗木りんぼくなどが出現。北欧にはカレドニア造山運動が起こった。魚類時代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デボン紀
でぼんき
Devonian period

古生代を六つの紀に区分したときの第四番目の地質時代で、名称はこの時代の海成層が発達するイギリスのデボン県に由来する。シルル紀と石炭紀の間の約4億1920万年前から約3億5890万年前までの約6030万年間に相当する。デボン紀に形成された地層をデボン系という。デボン紀は魚類の時代といわれ、動物界では、軟骨魚類、甲冑魚(かっちゅうぎょ)類の無顎(むがく)類や板皮(ばんぴ)類の多くの種類が分化した。海生の無脊椎(せきつい)動物では、腔腸(こうちょう)動物の層孔虫類・床板サンゴ類が栄え、コケムシ類などとともに礁(しょう)を形成した。腕足類ではスピリファ科の分化が著しい。アンモナイト類もこの時代に出現している。陸上の無脊椎動物としては、節足動物門のクモ・ダニ、原始的な昆虫類の化石が知られている。植物界では、鱗木(りんぼく)などの木性シダ植物の大木が出現する。
 シルル紀末から当紀の前半に、古大西洋(イアペタス海Iapetus Ocean)により隔てられていた古北米大陸がプレート運動で古ヨーロッパ大陸に接近・衝突し、広大なローレンシア大陸(ローレンシア台地)が形成された。両大陸が衝突した北アメリカのアパラチア地方からスコットランド北部のカレドニア地域を経てスカンジナビア半島・グリーンランド東部に連なる激しい造山運動があり、ヨーロッパではカレドニア造山運動、北アメリカではアパラチア造山運動として知られている。造山運動の結果生じた山地周辺や内陸盆地には、乾燥気候下で生成された旧赤色砂岩層が堆積(たいせき)した。サンゴ礁が広く分布することから気候は概して温暖であったと考えられるが、南半球の極地域には氷河の発達もあった。日本では、北上山地、阿武隈(あぶくま)山地、飛騨(ひだ)山地、西南日本外帯にシルル系とともに細長く分布し、ハチノスサンゴ、腕足類などのほかにシダ植物の化石も産する。[小澤智生・小林文夫]
『エドウィン・H・コルバート著、田隅本生訳『脊椎動物の進化 上 魚類の出現から爬虫類時代まで』新版(1978・築地書館) ▽ドゥーガル・ディクソン著、小畠郁生監訳『生命と地球の進化アトラス デボン紀から白亜紀』(2003・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デボン紀の関連キーワードウィンジャナ渓谷国立公園シャンタルスキー諸島キャラントゥール山トリメロフィトン類フータジャロン山地シダ(羊歯)種子類ミグアシャ国立公園古生ヒカゲノカズラユーステノプテロンエウステノプテロンアステロキシロンタイヨウサンゴディニクティスシヤン・リングヘテロドンタスゴニアタイトファボシテス新赤色砂岩ローランド前裸子植物

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デボン紀の関連情報