コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルトゥー Jean‐Louis Barthou

世界大百科事典 第2版の解説

バルトゥー【Jean‐Louis Barthou】

1862‐1934
フランス第三共和政期の保守的政治家。1894年以来公共事業相,内相などを歴任,1913年には首相として三年兵役法を成立させた。22年,ジェノバ会議のフランス代表。34年にはドゥーメルグ内閣の外相としてソ連と協力し,ドイツに対抗して“東欧ロカルノ”の結成につとめたが,10月,マルセイユで暗殺された。1918年以来アカデミー・フランセーズの会員で,愛書家としても知られている。【山極 潔】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルトゥー
ばるとぅー
Jean Louis Barthou
(1862―1934)

フランスの政治家。1889年代議士となり、自由主義的共和派に属する。1894年以来の数度の入閣を経て1913年首相に就任、対ドイツ戦備充実に努め、兵役を3年に延長した。1922年上院議員に転じ、賠償問題委員長をも務めた。1934年の、右翼諸団体による反共和国暴動として知られる「二月六日事件」後に成立したドゥーメルグの挙国一致内閣では外相として活躍。ドイツとの軍縮交渉を受け持ったあと、ソ連を国際連盟に加入させ、ついでドイツに対抗する東欧ロカルノ策(東方ロカルノ案)を推進したが、その途中マルセイユで暗殺された。[石原 司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

バルトゥー

生年月日:1862年8月25日
フランスの政治家,弁護士
1934年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のバルトゥーの言及

【第2次世界大戦】より

…先に述べたようにフランスの外交政策は,ドイツの脅威を共通の前提としながらも,ドイツとの交渉によって和解すべきという路線と,他国とドイツを包囲する同盟網を築くべきという路線に分かれていた。この時期,後者の路線に立って積極的な外交を展開したのが1934年2月外相に就任したJ.L.バルトゥーであった。彼はソ連と東欧各国に接近し相互援助条約を締結して,フランスの安全をより確かなものにしようとした。…

※「バルトゥー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

バルトゥーの関連キーワードポアンカレ(Raymond Nicolas Landry Poincaré)仏ソ相互援助条約東方ロカルノ生年月日ハッダ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android