コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレンクラゲ バレンクラゲ Physophora hydrostatica

2件 の用語解説(バレンクラゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バレンクラゲ
バレンクラゲ
Physophora hydrostatica

刺胞動物門ヒドロ虫綱管クラゲバレンクラゲ科。体は泳鐘部と栄養部の上下に分かれており,泳鐘部は 1個の気胞体と 2列の泳鐘から,栄養部は感触体,栄養体,触手,生殖体などから成り立っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バレンクラゲ
ばれんくらげ / 馬簾水母
[学]Physophora hydrostatica

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱管(くだ)クラゲ目バレンクラゲ科に属するクラゲ。体は上半部と下半部とに2大別され、上半部は高さ4~5センチメートルでその上端に小さな気胞体があり、それに続いて数個の泳鐘(えいしょう)が左右2列に並んでいる。下半部には大きく膨大して螺旋(らせん)状にねじれた幹部があり、その上に多数の感触体、感触糸、栄養体、触手、生殖体叢(そう)などが付着している。感触体は金色の円筒状で、ほかの個虫の類を覆い囲み保護葉の役目を果たしている。触手上に並ぶ赤い刺胞叢はきわめて複雑な構造をもつ。本州中部沿岸にみられるほか、世界各地の暖海から知られている。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バレンクラゲの関連キーワードアラゲキクラゲギンカクラゲ腔腸動物ヒドロ虫類管水母真水水母クラゲ(水母)ハチクラゲ類(鉢水母類)バレンクラゲ(馬簾水母)ヒドロ虫

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone