コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレーリー Bareilly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バレーリー
Bareilly

インド北部,ウッタルプラデーシュ州中西部の都市。バレーリー県の行政庁所在地。デリー東方約 220km,ガンジス川平原の奥部,支流ラムガンガ (川) にのぞむ。ガンジス川北側の陸路の要地。 1537年に建設され,のちムガル帝国のもとで,ロヒラ族の王都となった。 1801年イギリスの支配下に入り,インド大反乱では地方政権が樹立されて反英闘争の拠点となった。製糖,化学,マッチ,綿織物,家具などの工業がある。多数のモスク (16~17世紀) ,ランプル太守の宮殿,アショーカ王時代の仏教遺跡などがある。人口 58万 3437 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バレーリー(Bareilly)

インド北部、ウッタルプラデシュ州の都市。デリーの東約220キロメートル、ガンジス川の支流ラムガンガ川沿いに位置する。16世紀にムガル帝国により建設。17世紀にアフガン系のロヒラ族の支配拠点が置かれ、イスラム寺院や城砦跡が残っている。鉄道、幹線道路の要地。周辺の平野部で米・小麦・サトウキビを産し、集散地となっている。バレイリー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

バレーリー

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州北西部,ガンガー川河岸の都市。鉄道の要地で,軍事基地がある。製糖業が盛ん。1657年創設,1707年―1720年ロヒラ族の王国の主都

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バレーリー【Bareily】

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州西部の同名県の県都。首都デリーと州都ラクナウを結ぶ幹線道路,鉄道のほぼ中間点に位置する交通の要衝である。人口58万7000(1991)。7世紀にインドを旅した中国の僧玄奘(げんじよう)は,10の仏寺があり1000人の仏僧がいたと記した。今日の町は,ムガル朝時代の1657年,藩主マクランド・ライによりその基礎が築かれ,当時のとりでが今に残る。17世紀初頭にアフガニスタン方面から進出したロヒラ族が支配の拠点を築いたので,そのロヒラ族の地方(ロヒルカンド)の中心都市となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バレーリーの関連キーワードサイイド・アフマド・バレールビージャーエシーラームプルブドーン

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android