コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンアレン帯 バンアレンタイ

5件 の用語解説(バンアレン帯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バンアレン‐たい【バンアレン帯】

地球の赤道上空を中心にドーナツ状に取り巻く放射能の強い領域。宇宙から飛来する高エネルギー陽子電子が地球磁場にとらえられてできる。1958年に米国の物理学者バン=アレン(J.A.Van Allen)が人工衛星の観測によって発見した。放射線帯

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バンアレン帯【バンアレンたい】

放射線帯とも。赤道上空を中心に地球をドーナツ状にとりまき高エネルギー粒子が多量に存在している領域。1958年エクスプローラー1号の観測結果から米国のバン・アレンVan Allenが発見。
→関連項目国際地球観測年

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

法則の辞典の解説

バンアレン帯【Van Allen zone】

ヴァンアレン帯」のページをご覧ください。

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

バンアレンたい【バンアレン帯】

地球大気の高層に存在する高エネルギー荷電粒子の分布密度が高い帯状の領域。強い放射線が存在するが、宇宙空間から飛来する荷電粒子が地球磁場に捕捉されたものと考えられている。アメリカの科学者バンアレン(J. A. Van Allen)が初期の人工衛星実験により発見した。放射線帯。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンアレン帯
バンアレンたい
Van Allen radiation belts

赤道上空を中心に地球を取り巻く放射線の強い二重のドーナツ状の領域。人工衛星『エクスプローラ』1号に積んだ計器によって,1958年にジェームズアルフレッドバンアレンが発見した。当初は地上数千kmの高さの内帯と約 1万kmの高さの外帯の 2層からなるとみられていたが,その後,内帯は地球半径の約 1.5倍(地表面から約 3200km)に中心をもち高エネルギー粒子が陽子によって形成されること,外帯の中心は地球半径約 3.5倍にあり電子によって形成されることが明らかになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバンアレン帯の言及

【放射線帯】より

…地球磁場にほぼ定常的に捕捉されたエネルギーの高い粒子群の総称で,約1000kmの高度から地心距離約10RE(REは地球半径)にわたる領域に存在する(図)。1958年に打ち上げられたアメリカの最初の人工衛星エクスプローラー1号から3号,パイオニア3,4号などの初期の人工衛星観測により,バン・アレンJames Alfred Van Allenのグループがその存在を明らかにしたので,バン・アレン帯とも呼ばれている。地球の周辺に,地表の自然放射線強度の1億倍以上もの放射線帯が存在することは,それまでまったく予想されておらず,衛星観測初期の重要な発見の一つとして注目された。…

※「バンアレン帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バンアレン帯の関連キーワード磁気赤道線量取り巻く・取巻くRBE取巻く放射線許容量放射線殺菌赤道環電流モート残留放射線

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バンアレン帯の関連情報