バンジュル(英語表記)Banjul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「バンジュル」の解説

バンジュル
Banjul

ガンビアの首都。旧称バサースト Bathurst。港湾都市。同国西部,ガンビア川河口入江の湾口にある小島,セントマリー島に位置。本土とは橋で結ばれる。 1816年イギリスが奴隷貿易取り締まりの基地として建設。のちイギリスのガンビア保護領の首都となり,1965年独立に伴い首都の地位継承。同国唯一の貿易港で,主産物ナンキンマメをはじめパーム核などを輸出。食品加工などの小規模な工場がある。政治,経済,文化の中心地で,国際空港もある。港湾の拡張が進んでいる。人口 3万3131(2006)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「バンジュル」の解説

バンジュル
ばんじゅる
Banjul

西アフリカ、ガンビアの首都。旧称バサーストBathurst。同国の西端、大西洋に注ぐガンビア川河口の入り江にあるセント・マリー島に位置する。人口4万2326(1993センサス)、5万7800(2002推計)。同国の政治、経済、貿易の中心地で、唯一の都市である。1816年、イギリス海軍が奴隷貿易の取締りのため要塞(ようさい)をつくり、これを基礎に都市が建設された。特産物のラッカセイの輸出港として知られる。対岸のユンダムに空港がある。

[藤井宏志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「バンジュル」の解説

バンジュル【Banjul】

アフリカ西端,ガンビア共和国の首都。人口4万2000(1993)。1973年まではバサーストBathurstといわれたが,1816年この港を領有した当時のイギリスの植民地相ヘンリー・バサーストにちなんだ地名である。ガンビア河口のセント・メリー島にある港湾都市で,ラッカセイ,蜜蠟,ヤシ油,ヤシ核,皮革を輸出し,ラッカセイの加工がおもな工業である。国際空港があり,ガンビア川の航路とともに,ガンビアを取り囲む隣国セネガルとの交通は密接である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android