バンドネオン(英語表記)bandoneon

  • bandoneón
  • 〈スペイン〉bandoneón

翻訳|bandoneon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリー・リード楽器一種。箱型でフィンガーバトンで奏される複動作用のアコーディオンで,ドイツのクレフェルト楽団のハインリヒ・バントが初めて使った。現在アルゼンチンタンゴを演奏するとき,おもなソロ楽器として使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アコーディオンの一種。ドイツで1840年ころ発明され,のちアルゼンチンに導入されて,タンゴの主要楽器として使われるようになった。四角形の長い蛇腹両端にボタン式の盤と,手首を通して楽器を保持する革バンドがつき,両ひざ上に置いて奏する。右手で高音部,左手で低音部のボタンを操作,鋭いスタッカートも可能。
→関連項目ハルモニウムピアソラ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アコーディオン(フリー・リードを手動ふいごで鳴らす楽器)の一種で,ピアノ式鍵盤は用いず,方形の長い蛇腹の両端にあるボタン式の鍵でバルブを操作する。アコーディオンをにして19世紀の前半にドイツで考案され,後半にアルゼンチンに移入された。鋭い明快なスタッカートが可能で深味のある音色をもち,タンゴに適したため,タンゴに不可欠な楽器として発達した。右手側高音部に38鍵,左手側低音部に33鍵があり,蛇腹を伸ばしたときと縮めたときで同一ボタンが別の音を出す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アコーディオンと同種の小型のリード楽器。一九世紀にドイツ人ハインリヒ=バンドが考案。ボタン式鍵盤を用いる。アルゼンチンに伝えられタンゴ演奏の主要楽器となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリーリードの気鳴楽器の一種。1840年代にドイツのクレーフェルトのバントHeinrich Band(1821―60)がアコーディオンに基づいて発明した。四角形の蛇腹の両端にボタン式の鍵盤(けんばん)が取り付けられており、左手側が低音で単音のみ、右手側が高音で和音も演奏できるようになっている。右手親指のところに空気弁の開閉レバーがついている。音域は3オクターブで、音色はアコーディオンより重厚である。19世紀後半にアルゼンチンにもたらされ、タンゴ・アンサンブルの主要な楽器となった。鋭いスタッカートの表現に優れており、タンゴのリズムを際だたせる楽器である。

[卜田隆嗣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (bandoneón) リードオルガン属の楽器の一つ。アルゼンチンタンゴに用いられる、アコーディオンに似た旋律楽器で、ボタン式の鍵盤を使用して演奏する。
※残夢(1939)〈井上友一郎〉七「やはらかいバンドネオンと鋭いクラリオネットの音色で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バンドネオンの関連情報