コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーバー Barber, Samuel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーバー
Barber, Samuel

[生]1910.3.9. ペンシルバニア,ウェストチェスター
[没]1981.1.23. ニューヨーク
アメリカの作曲家。 1924年にカーティス音楽院に入学,指揮を F.ライナー,作曲を R.スカレロに学んだ。 34年に卒業し,作曲に専念。 43年空軍に入り,電子音楽による航空用サインをつくった。主作品『弦楽のためのアダージョ』 (1938) ,『交響曲第2番』 (44) ,バレエ音楽『メディア』 (46) ,ピュリッツァー賞受賞のオペラ『バネッサ』 (58) 。

バーバー
Barbour (Barbere; Barbier), John

[生]1325頃
[没]1395.3.13. アバディーン
スコットランドの詩人。スコットランド建国の名君といわれるブルースを歌った 20巻1万 4000行に近い『スコットランド王ロバート・ブルースの生涯と事績』 The Actes and Life of the most victorious Conquerour,Robert Bruce King of Scotland (1376,通称 The Bruceまたは The Brus) の作者。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バーバー(barber)

理髪師。理髪店

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

バーバー

米国の作曲家。フィラデルフィアカーティス音楽学校に学び,《チェロ・ソナタ》(1932年)でアメリカ・ローマ大賞を受賞。ローマ滞在中に作曲した《1楽章の交響曲》《弦楽四重奏曲ロ短調》(ともに1936年)が出世作となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

バーバー

米ペンシルヴェニア州に生まれ、6歳からピアノを、7歳で作曲を始めた。声楽やチェロにも興味を持つ。1924年、14歳でカーティス音楽院の最優等クラスに入学。28年に、ヴァイオリン・ソナタに対してコロンビ ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バーバー【Samuel Barber】

1910‐81
アメリカの作曲家。14歳でカーティス音楽学校に入学し,在学中から作曲活動を行って注目された。作風はロマン的で,20世紀アメリカ作曲界におけるロマン派の代表的作曲家と目されている。《弦楽四重奏曲ロ短調》(1936)の緩徐楽章を弦楽合奏用に改作した《弦楽のためのアダージョ》(1937)はトスカニーニによって紹介され,そのエレジー風の気品のある旋律のため,しばしば知名人の葬送曲として演奏され,バーバーは〈私は葬式のために書いたのではない〉と嘆いたという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

バーバー【barber】

床屋。理髪師。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

バーバー

生年月日:1909年10月30日
インドの物理学者
1966年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

バーバーの関連キーワード華麗な刑事デンプシー&メイクピースジャン・カルロ メノッティリー(Peggy Lee)ビリー・ボブ ソーントンライアン ハンター・レイモンティ サンシャインウィトワーテルスランドサンフォード ゴールドヒンドゥー・クシ山脈ジョエル コーエンハービー ハーパーバーバー・ターヒルトマス シッパーズジョン メージャーイーサン コーエンバーバーターヘル廟カンバーランド川ティキ バーバーロンデ バーバーマイク トムリン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーバーの関連情報