バーユ(英語表記)Vāyu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーユ
Vāyu

サンスクリット語で風のこと。また風の背後にひそむ力を神格化した風神の名。風神としてのバーユは『リグ・ベーダ』以来,重要な神格の一つであり,ベーダでは特にインドラと関連して述べられる場合が多く,天地に光明と光輝を与え,生きとし生けるものを守護し,邪悪なものを破る。ヒンドゥー教では北西を守護する神とされることもあるが,概してその地位は低い。また,叙事詩ラーマーヤナ』では,神猿であるハヌマーンの父とされ,『マハーバーラタ』ではビーマの父ともされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バーユ【Vāyu】

ヒンドゥー教の風神。〈風天〉と漢訳される。バーユまたはバータVātaは,すでにインド最古の聖典《リグ・ベーダ》中でたたえられる代表的な自然神の一つである。バーユは多数の駿馬の引く,光り輝く車に乗り,ときにはインドラ(帝釈天)を御者とする。彼は敵を駆逐し,名声,子孫,家畜,財宝を授けるとされる。後代,ヒンドゥー教において,バーユは北西を守護する方位神とされた。仏教でも取り入れられ,十二天の一つ風天となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーユ
ばーゆ
Vyu

古代インドの風神。インド最古の聖典『リグ・ベーダ』の自然神の一つ。風神はまたバータvtaともよばれる。バーユもバータも、一般には単に風の意味で用いられている。『リグ・ベーダ』において、バーユは駿馬(しゅんめ)たちの引く光り輝く車に乗り、ときとしてインドラ(帝釈天(たいしゃくてん))を御者とするとされる。バーユは浄化作用をもつとみなされ、人々を災禍から解放し、敵を駆逐し、名声、子孫、家畜、財宝を授けるとされる。彼はまた、神聖なる飲料ソーマをほかのだれよりも先に飲む権利を有するとされる。一詩節において、バーユはプルシャ(原人)の生気から生じたといわれる。これは後代の生気に関する神秘的な思弁の基礎となった。[上村勝彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーユの関連情報