コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーン=ジョーンズ バーン=ジョーンズBurne-Jones, Sir Edward Coley

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーン=ジョーンズ
Burne-Jones, Sir Edward Coley

[生]1833.8.28. バーミンガム
[没]1898.6.17. ロンドン
イギリスの画家,デザイナー。初め神学を学んだが,W.モリスとの出会いと D.ロセッティの作品に触発され画業に転じた。 1859年および 62年にイタリア諸都市を歴訪してラスキンに会い,また F.リッポやボティチェリの装飾的な作風に影響された。初期の作品は中世の騎士物語などのロマン的題材を華麗な色彩で描き,後期の作品にはイタリアの 15世紀,特にボティチェリの影響がみられる。ほかにモリス商会のためのステンドグラスタペストリーの下絵がある。 94年准男爵。代表作『コフェチュア王と乞食の少女』 (1884,ロンドンテート・ギャラリー) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バーン=ジョーンズの関連キーワード島津重豪都築弥厚イサベル[2世]しし座流星群シリア史カルリスタ戦争工場法天保の飢饉天理教(てんりきょう)ノーベル賞

バーン=ジョーンズの関連情報