コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーン=ジョーンズ Burne-Jones, Sir Edward Coley

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーン=ジョーンズ
Burne-Jones, Sir Edward Coley

[生]1833.8.28. バーミンガム
[没]1898.6.17. ロンドン
イギリスの画家,デザイナー。初め神学を学んだが,W.モリスとの出会いと D.ロセッティの作品に触発され画業に転じた。 1859年および 62年にイタリア諸都市を歴訪してラスキンに会い,また F.リッポやボティチェリの装飾的な作風に影響された。初期の作品は中世の騎士物語などのロマン的題材を華麗な色彩で描き,後期の作品にはイタリアの 15世紀,特にボティチェリの影響がみられる。ほかにモリス商会のためのステンドグラスやタペストリーの下絵がある。 94年准男爵。代表作『コフェチュア王と乞食の少女』 (1884,ロンドン,テート・ギャラリー) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バーン=ジョーンズの関連キーワードセントジャイルズ大聖堂バーミンガム博物館バーミンガム大聖堂エンフィールドウェッブ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android