コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パウロス パウロスPaul

翻訳|Paul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パウロス
Paul

[生]1901.12.14. アテネ
[没]1964.3.6. アテネ
ギリシア国王(在位 1947~64)。第2次世界大戦後,ギリシア国内で台頭した共産主義ゲリラ勢力の抑え込みに力を尽くした。ギリシア国王コンスタンティノス1世の三男として生まれた。1917年に王位を追われた父とともにギリシアを離れた。父に代わって擁立された兄のアレクサンドロス1世が 1920年10月に死去した際,パウロスは国王就任を拒否したが,同年12月,復位した父とともに帰国した。しかし共和制を求める声が高まったため 1923年12月に再びギリシアを離れ,1935年に兄のゲオルギオス2世が復位するまで亡命生活を送った。1938年に従妹でブラウンシュバイク公の娘のフレデリキと結婚。パウロスは陸海空軍の将官の地位にあり,1940年の対イタリア戦争勃発時には陸軍参謀本部に名を連ねていた。1941年,占領下のギリシアを逃れ,エジプトのカイロや南アフリカに住んだ。第2次世界大戦後,再び帰国,ゲオルギオス2世の死去に伴い,1947年4月1日に王位についた。当時のギリシアはアメリカ合衆国から経済支援のみならず,共産主義勢力抑え込みのための政治的支援も受けていた。パウロスは,政治からは距離をおき孤高の姿勢を保つと表明していたが,内政に介入することもしばしばあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パウロスの関連キーワードコンスタンティノス2世パウロス[サモサタの]パウロス[サモサタ]アンティオキア学派フェリクス1世カラマンリスパウロ派発達

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android