コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラマス パラマス Palamās, Grēgorios

2件 の用語解説(パラマスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラマス
パラマス
Palamās, Grēgorios

[生]1296/1297. コンスタンチノープル
[没]1359.11.14. テッサロニカ
ビザンチンの神学者。テッサロニカ大主教,没後 1368年に聖者に列せられた。タボル山上の非創造の光が実見しうるか否かをめぐって,イタリアの修道士バルラアムの攻撃に端を発したヘシカズム (静寂主義) 論争において,静寂主義派を擁護。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

パラマス
パラマス
Palamas, Kostis

[生]1859.1.13. パトラス
[没]1943.2.27. アテネ
ギリシアの詩人。アテネ大学で法学を学び,1897年から 30年以上アテネ大学事務長の職にあり,激動期のギリシア国民の精神的指導者としても著名であった。文章語として民衆語の育成に努め,純正語を用いたロマン派の硬直性を批判した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラマスの関連キーワードコンスタンチヌスコンスタンチノープル君府コンスタンチノープル海峡コンスタントビザンチウムコンスタンス湖コンスタンティヌス一世さよなら、コンスタンスレスタンス

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パラマスの関連情報