コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリ・オペラ座バレエ団 パリ・オペラざバレエだんParis Opéra Ballet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パリ・オペラ座バレエ団
パリ・オペラざバレエだん
Paris Opéra Ballet

ルイ 14世によって 1661年「王立舞踊アカデミー」として創立された世界最古のバレエ団。当初パレ・ロワイヤルを本拠とし,初代監督に P.ボーシャンを迎えた。やがて王立音楽アカデミーと合併して王立音楽舞踊アカデミーとなり,18世紀には,専用劇場の設立とともに,G.ベストリス,J.ノベールらの芸術監督のもと,M.カマルゴ,M.サレらのバレリーナが活躍。続いて M.タリオーニ,C.グリジ,F.エルスラーら,ロマンチック・バレエ時代を代表するバレリーナを数多く輩出し,J.コラリ,A.サン=レオンらのすぐれた振付師を育てて,世界をリードするバレエ団となった。 1875年 C.ガルニエの設計により完成したオペラ座に本拠を移し,以来一時的な衰退を経て,20世紀初頭バレエ・リュスによるオペラ座公演に刺激を受けて活気を取戻し,1930年同バレエ団から S.リファールを監督に迎えた。以来再び歴史と伝統を誇るバレエ団として名声を得ている。なお,同バレエ団のダンサーは7階級に分れているが,そのトップ・クラスに位置する者はエトワールといわれ,監督推薦によりオペラ座総裁によって任命される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

パリ・オペラ座バレエ団

フランスのパリを拠点とするバレエ団。17世紀後半、ブルボン朝時代に設立。史上初のバレエ団であり、世界的に広く知られる。オペラ座(ガルニエ宮)とオペラ・バスティーユで公演を行う。歴代の主な芸術監督はバレエ・リュス出身のセルジュ・リファール、ルドルフ・ヌレエフなど。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パリ・オペラ座バレエ団
ぱりおぺらざばれえだん
Le corps de ballet de l'Opra de Paris

フランスの国立劇場パリ・オペラ座専属のバレエ団。1661年にルイ14世によって設立された王立舞踊アカデミーから発展した世界最古のバレエ団で、1671年のパリ・オペラ座開場当初はP・ボーシャン、J・リュリが芸術監督を務め、1871年に現在の名称となった。世界のバレエの中心として、M・カマルゴ、M・サレ、F・エルスラー、M・タリオーニ、C・グリジといった歴史的な舞姫がこの舞台を踏み、G・ベストリス、G・ノベール、ガルデル兄弟Maximilien Gardel(1741―87)、Pierre Gardel(1758―1840)といった名振付者が作品を発表した。19世紀末に凋落(ちょうらく)し、20世紀初頭にヨーロッパに登場したS・ディアギレフのロシア・バレエ団にその人気を奪われた。1929年から58年までロシア人のS・リファールが芸術監督になり、再興に努力した。83年ロゼラ・ハイタワーRosella Hightower(1920― )の後を継いで、R・ヌレーエフが89年まで芸術監督を務めた。ヌレーエフは93年に亡くなるまで、『ライモンダ』『ドン・キホーテ』など大作バレエを精力的に新制作し、そのうち8本が現在もオペラ座のレパートリーに入っている。またヌレーエフは、シルビー・ギエムSylvie Guillem(1965― )をはじめ多くの若い才能あるダンサーを積極的に抜擢(ばってき)したことでも貢献した。1990~95年に芸術監督を務めたP・デュポンは、それまでのヌレーエフ路線に新風を吹き込むが、その後ブリジット・ルフェーブルBrigitte Lefvreの監督のもとでは、ふたたびヌレーエフ作品が上演されるようになった。それに加えて彼女はコンテンポラリーの振付家を招き、プレルジョカージュAngelin Preljocaj(1957― )やベラルビKader Belarbi(1962― )などが話題の新作を発表している。
 おもなダンサーには、ニコラ・ル・リッシュNicolas Le Riche (1972― )、オーレリ・デュポンAurlie Dupont(1973― )、ジョゼ・マルティネズJos Martinez(1969― )、マニュエル・ルグリManuel Legris(1964― )、アニエス・ルテステュAgns Letestu(1971― )らがいる。なお、パリ・オペラ座バレエ団は1963年(昭和38)以来たびたび来日している。[市川 雅・國吉和子]
『平林正司著『十九世紀フランス・バレエの台本――パリ・オペラ座』(2000・慶応義塾大学出版会) ▽市川雅著、國吉和子編『見ることの距離――ダンスの軌跡1962~1996』(2000・新書館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パリ・オペラ座バレエ団の関連キーワードボーシャン(Pierre Beauchamp)デュポン(Patrick Dupond)プチ(Roland Petit)ミリアム ウルド・ブラームスヴェトラーナ ルンキナブリジット ルフェーヴルエリザベット プラテルウィリアム クリスティバンジャマン ペッシュイヴェット ショヴィレレティシア ピュジョルニコラ ル・リッシュドミニク カルフーニジョゼ マルティネズパトリック デュポンクレールマリ オスタアニエス ルテステュマリ・アニエス ジロモニク ルディエールミカエル ドナール

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パリ・オペラ座バレエ団の関連情報