パーマー(読み)ぱーまー(英語表記)Harold Edward Palmer

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パーマー(Harold Edward Palmer)
ぱーまー
Harold Edward Palmer
(1877―1949)

イギリスの英語学者、外国語教授法研究家。ロンドンに生まれ、ベルギーのリエージュ大学を卒業。ロンドン大学での口語英語担当講師を経て、文部省英語教育顧問として1922年(大正11)来日、翌1923年新設の英語教授研究所(1942年に語学教育研究所と改称)の初代所長として口頭教授法を中心とする新教授法(オーラル・メソッド)を提唱、戦時色に向かう1936年(昭和11)に帰国するまで講演、著述、教科書編集などと旺盛(おうせい)に活動し、日本の英語教育界に強い影響を与えた。『口語英語の文法』A Grammar of Spoken English(1924)は音声学の面から口語英文法を解明した主著で、東京帝国大学から文学博士号を受けた。ホーンビAlbert Sidney Hornby(1898―1978)編『オックスフォード上級辞典』Oxford Advanced Learner's Dictionaryの元は、パーマーが日本で構想、企画したものである。[上野景福]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パーマーの関連情報