コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神保格 じんぼうかく

6件 の用語解説(神保格の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神保格
じんぼうかく

[生]1883.4.18. 東京
[没]1965.12.6. 東京
言語学者,音声学者。 1908年東京帝国大学言語学科卒業。ただちに東京高等師範学校教授。のち東京文理科大学教授となり 45年定年退官。東京教育大学名誉教授。のち東洋大学教授。 59年紫綬褒章を受ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じんぼう‐かく【神保格】

[1883~1965]言語学者・音声学者。東京の生まれ。言語理論および音声学を研究。著「言語理論」「国語音声学」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神保格 じんぼう-かく

1883-1965 大正-昭和時代の言語学者,音声学者。
明治16年4月18日生まれ。神保長致(ながむね)の3男。神保小虎の弟。東京高師,東京文理大などの教授を歴任。「国語音声学」「国語発音アクセント辞典」をあらわして日本語音声学の基礎をきずき,標準語の普及につくした。著作に「言語学概論」など。昭和40年12月6日死去。82歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じんぼうかく【神保格】

1883‐1965(明治16‐昭和40)
言語学者・音声学者。東京下谷に生まれた。1908年,東京帝国大学言語学科を卒業。東京高等師範学校,東京文理科大学教授を45年までつとめ,退官後,東洋大学教授となり,また日本音声学会会長等の職にあった。その間イギリスフランスドイツアメリカに留学(1922‐24)。言語理論の研究につくすとともに,日本語の音声学やアクセント研究の基礎を築いた。東京語の音声面を明らかにするところが多く,模範的な東京弁の持主と称され,共通語の教育・普及に力があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じんぼうかく【神保格】

1883~1965) 言語学者・音声学者。東京生まれ。東大卒。言語理論および音声学の分野における先駆者の一人。著「言語理論」「国語音声学」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神保格
じんぼうかく
(1883―1965)

言語学者、音声学者。東京生まれ。東京帝国大学言語学科卒業。東京高等師範学校、東京文理科大学などの教授を歴任。現代日本語の音声、アクセントに関する最初のまとまった研究を行って『国語音声学』(1925)、『国語発音アクセント辞典』(常深千里(つねみせんり)と共著、1932)などを著したが、トゥルベツコイが音声と音韻の区別を唱えるに先だって「具体音声」と「音声表象」の区別を唱えたのは注目される。彼はまた、心理学的な立場を重視した言語理論を展開し、『言語学概論』(1922)、『言語理論講話』(1960)などを著したが、『言語理論』(1961)はこの方面の主著である。[安田尚道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

神保格の関連キーワードアルマン条約電気事業ウィンチェスタープチャーチンメチニコフヨッフェレフィスゾーン石炭化作用カフカ高田保馬

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone