コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神保格 じんぼうかく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神保格
じんぼうかく

[生]1883.4.18. 東京
[没]1965.12.6. 東京
言語学者,音声学者。 1908年東京帝国大学言語学科卒業。ただちに東京高等師範学校教授。のち東京文理科大学教授となり 45年定年退官。東京教育大学名誉教授。のち東洋大学教授。 59年紫綬褒章を受ける。アクセントを含む日本音声学の確立に大きく貢献。言語理論の面でもソシュールのラングや共時態に相当する概念など数々のすぐれた独創的な考えを打出し,常に平易な言葉で表現した。また,放送やレコードを通して実践指導にも努め,標準語の普及に大きな力となった。主著『言語学概論』 (1922) ,『国語音声学』 (25) ,『国語音声学綱要』 (47) ,『言語理論』 (61) など。ほかに O.イェスペルセン『言語』の翻訳 (1927,市河三喜と共訳) ,『国語発音アクセント辞典』 (32,常深千里と共著) などもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じんぼう‐かく【神保格】

[1883~1965]言語学者・音声学者。東京の生まれ。言語理論および音声学を研究。著「言語理論」「国語音声学」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神保格 じんぼう-かく

1883-1965 大正-昭和時代の言語学者,音声学者。
明治16年4月18日生まれ。神保長致(ながむね)の3男。神保小虎の弟。東京高師,東京文理大などの教授を歴任。「国語音声学」「国語発音アクセント辞典」をあらわして日本語音声学の基礎をきずき,標準語の普及につくした。著作に「言語学概論」など。昭和40年12月6日死去。82歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じんぼうかく【神保格】

1883‐1965(明治16‐昭和40)
言語学者・音声学者。東京下谷に生まれた。1908年,東京帝国大学言語学科を卒業。東京高等師範学校,東京文理科大学教授を45年までつとめ,退官後,東洋大学教授となり,また日本音声学会会長等の職にあった。その間イギリス,フランス,ドイツ,アメリカに留学(1922‐24)。言語理論の研究につくすとともに,日本語の音声学やアクセント研究の基礎を築いた。東京語の音声面を明らかにするところが多く,模範的な東京弁持主と称され,共通語の教育・普及に力があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じんぼうかく【神保格】

1883~1965) 言語学者・音声学者。東京生まれ。東大卒。言語理論および音声学の分野における先駆者の一人。著「言語理論」「国語音声学」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神保格
じんぼうかく
(1883―1965)

言語学者、音声学者。東京生まれ。東京帝国大学言語学科卒業。東京高等師範学校、東京文理科大学などの教授を歴任。現代日本語の音声、アクセントに関する最初のまとまった研究を行って『国語音声学』(1925)、『国語発音アクセント辞典』(常深千里(つねみせんり)と共著、1932)などを著したが、トゥルベツコイが音声と音韻の区別を唱えるに先だって「具体音声」と「音声表象」の区別を唱えたのは注目される。彼はまた、心理学的な立場を重視した言語理論を展開し、『言語学概論』(1922)、『言語理論講話』(1960)などを著したが、『言語理論』(1961)はこの方面の主著である。[安田尚道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

神保格の関連キーワードソシュール昭和時代神保道夫国語学

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android