コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒキオコシ

百科事典マイペディアの解説

ヒキオコシ

シソ科の多年草。北海道〜九州の山野にはえる。茎は高さ1m内外。葉は対生し,卵形で長さ6〜15cm,縁にはあらい鋸歯(きょし)がある。秋,淡紫色で長さ6mmほどの唇形(しんけい)花を円錐状に多数つける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒキオコシ
ひきおこし / 引起
[学]Rabdosia japonica (Burm. fil.) Hara

シソ科の多年草。北海道南部、本州、四国、九州、朝鮮半島の山地に分布。茎は方形で直立し、高さ約1メートルで下向きの毛が密生する。葉は対生し、広卵形で長さ5~10センチメートル、縁(へり)に鋸歯(きょし)があり、基部は柄に流れる。9月から10月にかけて、茎の先や上部の葉腋(ようえき)に大形の円錐(えんすい)花序を出し、多数の小さな淡紫色の唇形花をまばらにつける。上唇は4裂して紫点があり、下唇は舟形で突出する。萼(がく)は5裂し、裂片は同形。雄蕊(ゆうずい)(雄しべ)は4個、うち2個は長く、ともに花外に突き出る。雌蕊(雌しべ)は1個。
 地上部を延命草(えんめいそう)(漢名ではなく俗名)といい、苦味健胃剤として腹痛、下痢に用いる。全体に苦味があるのは、苦味質のプレクトランチンを含むためである。和名であるヒキオコシの由来は、ひどい腹痛で苦しんでいる旅人を見て、弘法大師(こうぼうだいし)が道端からこの草をとって与え、たちどころに治したという伝説による。つまり、ヒキオコシは病人を引き起こす意に通じるわけである。花冠が暗紫色で、北海道、本州(東北、北陸、山陰地方)に分布するクロバナヒキオコシRabdosia trichocarpa (Maxim.) Haraの地上部も同様に用いられる。[長沢元夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒキオコシの関連キーワードタカクマヒキオコシカメバヒキオコシオオゴマシジミ一本草山薄荷延命草シソ科