コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒゲガラ(髭雀) ヒゲガラbearded tit

世界大百科事典 第2版の解説

ヒゲガラ【ヒゲガラ(髭雀) bearded tit】

スズメ目ヒタキ科の鳥。くちばし基部から下方にひげ状の黒斑があることからその名がついた。全長約16cm,雄は頭部が灰色で背面は淡黄褐色,腹は白っぽい。下尾筒黒色。雌は全体に褐色で色が淡い。ヨーロッパから小アジア,旧ソ連南部を経て中国の東北地方にまで分布している。日本には迷鳥としてまれに渡来する。ヨシ原にすみ,数羽から50羽くらいの群れでくらしていることが多い。ヨシの茎を巧みに移り渡りながら,春から夏にかけてはおもに昆虫を,秋・冬季にはおもにヨシやスゲ種子をとって食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android