ヒス(読み)ひす(英語表記)Wilhelm His

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒス(Wilhelm His)
ひす
Wilhelm His
(1831―1904)

スイスの解剖学者、発生学者。バーゼル生まれ。バーゼル、ベルリン、ウュルツブルクの各大学で医学を学び、その間ヨハネス・ミュラー、ウィルヒョウらに師事した。1857年バーゼル大学、1872年ライプツィヒ大学の教授となる。発生の仕組み(機構)の研究で名高く、胎児の発生の研究から、妊娠時期を最終月経の初日から計算する方法を開発した。またミクロトームを発明して顕微鏡の利用法を飛躍的に拡大し、組織学の発展にも貢献した。
 同姓同名の息子(1863―1934)はバーゼル、ゲッティンゲン、ベルリンの各大学で内科学の教授を歴任、心臓の刺激伝導系の発見で知られる。房室束はヒス束ともよばれる。[澤野啓一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒスの関連情報