コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒッタイト文字 ヒッタイトもじ

2件 の用語解説(ヒッタイト文字の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒッタイトもじ【ヒッタイト文字】

トルコ中部のボアズキョイ出土のヒッタイト粘土板文書に記された楔形文字ヒッタイト文字は,おもにヒッタイト語を音写する音節文字表意文字であるイデオグラムideogram,当該の名詞の前に置かれて意味を指示する限定符determinativeの3要素から構成される。文字の特徴は,ウル第3王朝(前2112‐前2004)のそれを示しており,有声破裂音(g,b,d)と無声破裂音(k,p,t)の区別が完全ではなく,母音の長短,e音とa音,e音とi音の別が明瞭ではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒッタイト文字
ひったいともじ

広義にはヒッタイト楔形(くさびがた)文字とヒッタイト(太古ハッティ)象形文字をさすが、前者はヒッタイトに固有のものではないので、狭義では後者にのみ用いられる。ヒッタイト楔形文字は主としてヒッタイト帝国の首都ハットゥシャ遺址(いし)(今日のボアズキョイ周辺)から出土した印欧語系ヒッタイト語を表記するために使われているもので、基本的にはシュメール‐アッカド系楔形文字と変わらない。しかし若干の文字の形体および用法に相違があり、バビロニア人から北シリアのフルリ人を経てこの文字体系を借用する過程でこうした特色が生じたと考えられる。紀元前18~前13世紀に用いられた。
 ヒッタイト象形文字は、前記のヒッタイト帝国滅亡後(前950ころ~前700ころ)に、別の語族(自称は不明。太古ハッティ人とよばれることがある)が用いた独特の象形文字で、岩壁浮彫りや彫刻の刻文として残されており、その分布はアナトリア中央部から北シリアに広がっている。文字記号数は450~500個で、a、baのような基礎的音節文字約80個を含み、各行ごとに書字方向を変えるブストロフェドン書法がみられる。この文字が表記している言語は、現在解読が進行中で、ヒッタイト楔形文字文書から知られているルウィ語との類似が注目されている。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒッタイト文字の言及

【ルウィ語】より

…ルビア語ともいう。ボアズキョイ出土のヒッタイトの粘土板文書に出てくる言語で,その名称はヒッタイト語の副詞luili(〈ルウィ語では〉の意)に基づく。ルウィ語は,ヒッタイト語,パラ語などと同様にインド・ヨーロッパ語族のアナトリア諸語の一つに数えられるが,その詳細はまだ不明な点が多い。名詞の格は4格(主格,対格,与格,奪格-助格)が確認されており,性はヒッタイト語と同じく両性と中性がある。両性の複数形は,接尾辞‐nz‐を伴う。…

※「ヒッタイト文字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒッタイト文字の関連キーワードヒッタイト語ボアズボガズキョイ出土あずきな・しアバンタイトルエンタイトルボアズキョイタイダル・ボア小豆餡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone