コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトスジシマカ ヒトスジシマカ Aedes albopictus

3件 の用語解説(ヒトスジシマカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒトスジシマカ
ヒトスジシマカ
Aedes albopictus

双翅目カ科。体長 4.5mm内外。体は黒色で,胸部背面中央に鮮明な白色線があり,後方に白色のW字紋がある。各腹節基部には細い白色横帯があり,肢にも各関節部に白色帯があるほか,後肢第 5跗節は全部白色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

ヒトスジシマカ

吸血性のカの一種。一般に「ヤブカ」と呼ばれる。分布域は、東アジア東南アジアオーストラリア、アフリアなど。日本では東北地方から南西諸島小笠原諸島までの地域に分布するが、温暖化により年々、生息域の拡大が確認されている。人を吸血する際に皮膚に痒みと腫れを引き起こし、デング熱西ナイル熱などの感染症を媒介することから、国際自然保護連合(IUCN)が定める「世界の侵略的外来種ワースト100」の一つに指定されている。体長は4~5ミリ程度で、黒と白の縞模様の体色が特徴。国内における主な発生時期は5〜10月で、成虫の寿命は1週間から1カ月程度。行動範囲は約50〜100メートルで、直射日光当たらない水場の近くや湿度の高い場所を好み、主に昼間に活動する。

(2014-9-1)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒトスジシマカ
ひとすじしまか / 一条縞蚊
[学]Aedes albopictus

昆虫綱双翅(そうし)目糸角(しかく)亜目カ科に属する昆虫。ヤブカ属に属し、南日本の住家近くや昼間木陰などで吸血しにくるのはほとんど本種である。翅長3ミリメートル内外の黒色の小形種。中胸背の正中線に沿って銀白色の1縦条を有す。その後方にも細い銀白色のW字斑(はん)があり、翅根の上方部に銀白色の幅広い鱗片(りんぺん)よりなる斑紋をもつ。仙台市以南の南日本、および東洋区、オーストラリア区の熱帯から温帯にかけて広く分布する。墓地の花立て、水盤、竹の切り株、水槽、空き缶、古タイヤなどの人工容器の小水域に発生し、あまり移動せずに近くに通りかかるヒトや動物を激しく襲って吸血する。昼間活動性であるが、夜間でも灯火のもとでは吸血活動がみられる。デング熱を媒介するカとして衛生上重要種である。[倉橋 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒトスジシマカの言及

【ヤブカ(藪蚊)】より

…ヤブカ属はもっとも多数の種を含む群で,熱帯はもとより北極圏まで分布する。黒白の縞が特徴的なヒトスジシマカA.albopictusはなかでもふつうで,日本の東北地方以南では都市,農山村の別をとわず昼間屋外で好んで人を刺す。黄熱病の伝播をするので有名なネッタイシマカA.aegyptiもこの近縁種で,ともに熱帯地にはとくに多く,デング熱を媒介する。…

※「ヒトスジシマカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒトスジシマカの関連キーワードカ(蚊)黒点病主題画ヤブカヤブカンゾウ(藪萱草)家蚊藪蚊藪陰ヤブカンゾウヤブカ(藪蚊)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒトスジシマカの関連情報