コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトツバタゴ Chionanthus retusus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒトツバタゴ
Chionanthus retusus

モクセイ科の落葉高木。アジア東部と北アメリカにだけ知られる独特の属の植物で,日本産のこの種は中部地方対馬朝鮮半島,中国,台湾に自生している。大きなものでは幹は高さ約 30m,直径 70cmに達することがある。灰褐色。葉は4~10cmの長楕円形から広卵形で全縁,長い柄があって対生する。花は5月に枝の先に直立する円錐花序をなして多数つき,花冠白色の筒形で深く4裂する。核果は長さ 1cmほどの楕円形で黒色をしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒトツバタゴ

ナンジャモンジャノキとも。モクセイ科の落葉高木。長野・岐阜・愛知県および対馬,東アジアの一部に隔離分布し,湿り気のある山野にはえる。葉は対生し,楕円形で厚い。雌雄異株。5〜6月,新枝の先に白い花を多数,円錐状に開く。花冠は4裂し,裂片は細く,長さ1.5〜2cm。果実は楕円形で秋に黒熟,白粉をかぶる。庭木,記念樹とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒトツバタゴ【Chionanths retusus Lindl.et Paxton】

モクセイ科の落葉高木で,暖地に著しく離れた分布を示す。属名はchion(雪の)+anthus(花)で,白い花の群れ咲くさまをたとえたもの。和名は単葉(一つ葉)のトネリコ(タゴ)の意で,水谷豊文の命名にかかわる。高さ25m,径70cmの大木となる。樹皮は暗灰褐色でコルク層が発達し,皮目がある。当年枝は緑色で,開いた短毛が密生する。葉は対生し,長楕円形ないし卵形で鈍頭,長さ4~15cm,脈上に軟毛がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒトツバタゴ
ひとつばたご
[学]Chionanthus retusus Lindl. et Paxt.

モクセイ科の落葉高木。高さ15~20メートル。葉は対生し、長楕円(ちょうだえん)形で長さ4~10センチメートル、長い柄がある。雌雄異株。5月、円錐(えんすい)状集散花序をつくり、多数の白色花を開く。花冠は長さ1.5~2センチメートル、深く4裂し、裂片は細い。雄花は雄しべ2本、雌花は雌しべ1本。果実は広楕円形で長さ1~1.5センチメートル、10月、黒く熟す。湿地に生え、愛知県、岐阜県、対馬(つしま)、および朝鮮半島、中国に不連続分布する。岐阜、愛知、長崎県の自生地は国の天然記念物として保護されており、庭木として花を観賞する。中国では葉を茶の代用にする。名は、複葉のタゴ(トネリコの方言)の仲間と思い、単葉のタゴの意味でつけられた。もと明治神宮外苑(がいえん)にあり、名前のわからない珍木ということでナンジャモンジャノキとよばれていた。ヒトツバタゴ属はこのほか、北アメリカ東部に1種ある。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒトツバタゴの言及

【ナンジャモンジャ】より

…日本各地に〈ナンジャモンジャの木〉と名づけられた樹が知られている。それらは植物学的には特定の種を指すものではなく,その地方で正体がはっきりしない珍しい樹種につけられていることが多く,クスノキ,カツラ,バクチノキ,ヒトツバタゴなどがこの名で呼ばれていた。それらのうち代表的なものにヒトツバタゴがある。…

※「ヒトツバタゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒトツバタゴの関連キーワード長崎県対馬市上対馬町鰐浦ナンジャモンジャノキ愛知県犬山市西洞ナンジャモンジャ何じゃもんじゃイボタロウムシ岐阜県瑞浪市対馬(市)蛭川[村]土岐(市)恵那(市)小林義雄対馬市長崎県瑞浪市恵那市上対馬土岐市蛭川

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒトツバタゴの関連情報