コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトリガ ヒトリガ Arctia caja phaeosoma

3件 の用語解説(ヒトリガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒトリガ
ヒトリガ
Arctia caja phaeosoma

鱗翅目ヒトリガ科。前翅長 31~41mm。体は太く,頭部,胸部は黒褐鱗におおわれる。前胸前縁は白く,周囲は赤い。腹部は赤く,背面に黒色斑がある。前翅は暗褐色地にあらい網状の白色斑があり,後翅は橙赤色地に黒色紋がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒトリガ

鱗翅(りんし)目ヒトリガ科の1種。北海道と本州中北部,朝鮮,中国〜シベリアを経てヨーロッパに分布。開張80mm内外。前翅は黒褐色地に白条,後翅と腹は赤色地に黒紋がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒトリガ
ひとりが / 灯蛾
garden tiger-moth
[学]Arctia caja

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヒトリガ科に属するガ。はねの開張60ミリ内外の大形種。前翅は黒地に白帯が網目状に走り、腹部と後翅は鮮やかな赤色、後翅には青色を帯びた黒紋が5、6個ある。きわめて目だつ色彩斑紋(はんもん)を陽光の下にさらして静止しているが、体液に有毒物質を含んでいるため捕食動物がほとんど食べようとしない。夜行性でよく灯火に飛来する。幼虫は黒色のケムシで、長毛に覆われているのでwoolly bearという英名をもつ。多食性で、クワ、ニワトコなどの樹木のほか、雑草も食べる。ヨーロッパから日本(北海道、本州)の広域分布種で、夏に成虫が出現する。
 ヒトリガ科Arctiidaeは、全世界に分布する大きな科で、日本には100種以上知られ、そのなかの一部は中形から大形、多くは小形で、赤色や黄色のはでな色彩をした種が少なくない。非常に目だつ種の多くは、体液中に毒性を蓄えている。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒトリガの関連キーワードアメリカシロヒトリ毛虫蝙蝠蛾サラサ灯蛾灯蛾サラサヒトリ(更紗灯)シャクガ(尺蛾)ヒゲナガガ(髭長蛾)ヒトリガ(灯蛾)ヤネホソバ(屋根細翅)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone