コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒナノシャクジョウ Burmannia championii Thw.

2件 の用語解説(ヒナノシャクジョウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒナノシャクジョウ【Burmannia championii Thw.】

ヒナノシャクジョウ科の白色の小型腐生植物イラスト)。高さ10~20cmになり,地下には球状の根茎がある。茎には小さな鱗片葉が互生し,日本では夏~秋,頂部に1~10花がやや頭状に密集してつく。花も白色,花の筒状部は三稜形となり,その頂端部にそり返った小さな3枚の外花被片と,直立した3枚の内花被片をつける。おしべは3本。本州中部以南から東南アジアマレーシア地域まで広く分布し,腐葉に富む林床に生育する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒナノシャクジョウ
ひなのしゃくじょう / 雛錫杖
[学]Burmannia championii Thw.

ヒナノシャクジョウ科の多年草。白色の腐生植物で、葉緑素はない。高さ3~15センチメートル。葉は鱗片(りんぺん)状で長さ2~4ミリメートル。8~10月、茎頂に長さ0.6~1センチメートルの花を2~10個固まって開く。花柄はほとんどない。花被(かひ)の外裂片は鈍三角形で長さ約1.5ミリメートル、半開し、内裂片はへら形でより小さい。花期後も花被は落ちない。花筒は翼がない。果実は(さくか)、倒卵形で長さ約2.5ミリメートル。名は、シャクジョウソウ(イチヤクソウ科)に似るが、全体が小形であることによる。常緑樹林内に生え、関東地方以西の本州から沖縄、および中国南部、インド、スリランカ、マレーシアに分布するが、非常に少ない。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒナノシャクジョウの関連キーワード陰生植物腐生植物銀竜草湿生植物錫紵錫杖草南燭白孔雀雛の錫杖本郷草

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒナノシャクジョウの関連情報