ヒナノシャクジョウ(読み)ひなのしゃくじょう

世界大百科事典 第2版「ヒナノシャクジョウ」の解説

ヒナノシャクジョウ【Burmannia championii Thw.】

ヒナノシャクジョウ科白色の小型腐生植物(イラスト)。高さ10~20cmになり,地下には球状の根茎がある。には小さな鱗片葉が互生し,日本では夏~秋,頂部に1~10花がやや頭状に密集してつく。花も白色,花の筒状部は三稜形となり,その頂端部にそり返った小さな3枚の外花被片と,直立した3枚の内花被片をつける。おしべは3本。本州中部以南から東南アジア,マレーシア地域まで広く分布し,腐葉に富む林床に生育する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ヒナノシャクジョウ」の解説

ヒナノシャクジョウ
ひなのしゃくじょう / 雛錫杖
[学] Burmannia championii Thw.

ヒナノシャクジョウ科(APG分類:ヒナノシャクジョウ科)の多年草。白色の腐生植物で、葉緑素はない。高さ3~15センチメートル。葉は鱗片(りんぺん)状で長さ2~4ミリメートル。8~10月、茎頂に長さ0.6~1センチメートルの花を2~10個固まって開く。花柄はほとんどない。花被(かひ)の外裂片は鈍三角形で長さ約1.5ミリメートル、半開し、内裂片はへら形でより小さい。花期後も花被は落ちない。花筒は翼がない。果実は蒴果(さくか)、倒卵形で長さ約2.5ミリメートル。名は、シャクジョウソウ(イチヤクソウ科)に似るが、全体が小形であることによる。常緑樹林内に生え、関東地方以西の本州から沖縄、および中国南部、インド、スリランカ、マレーシアなどに分布するが、非常に少ない。

[清水建美 2018年10月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android