コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒバリシギ ヒバリシギ Calidris subminuta; long-toed stint

2件 の用語解説(ヒバリシギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒバリシギ
ヒバリシギ
Calidris subminuta; long-toed stint

チドリ目シギ科。全長 13~16cm。日本で見られるシギ類のなかでは最小種。夏羽(→羽衣)は背面が黄褐色で,暗色の縦斑があり,顔にはクリーム色の顕著な眉斑がある。腹は白い。冬羽は背面の地色が灰褐色である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒバリシギ
ひばりしぎ / 雲雀鷸
long-toed stint
[学]Calidris subminuta

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。シベリア東部、カムチャツカ半島オホーツク海沿岸、北部千島などで繁殖し、冬は南へ渡る。日本には旅鳥として春と秋に渡来する。全長約15センチメートル、日本のシギ類のなかではトウネンとともにいちばん小さい。嘴(くちばし)は細く、足指は長い。体の上面は茶褐色、下面は白くて胸側には斑点(はんてん)がある。足は緑黄色。草原の地上に皿形の巣をつくり、4個の卵を産む。渡りのときには、川岸、湖沼畔、湿地、入り江などに降りるが、大きな群れはつくらない。トビムシや小昆虫など小形の動物を食べる。プルルと低く鳴く。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒバリシギの関連キーワード草鷸白千鳥背高鷸玉鷸鰭足鷸シギ(鷸∥鴫)セイタカシギ(丈高鷸)タシギ(田鷸)ハマシギ(浜鷸)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone