コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒバリチドリ Thinocoridae; seedsnipes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒバリチドリ
Thinocoridae; seedsnipes

チドリ目ヒバリチドリ科の鳥の総称。別名タネシギ南アメリカに固有で,2属 4種からなり,全長 18~32cm。脚も尾羽も短く,体型はライチョウ類やウズラ類に似てずんぐりしているが,は比較的長くて先がとがる。羽色は背面がおもに暗褐色から灰褐色で地味だが,各羽の縁の色が薄いか白色で,美しいうろこ模様をつくっている。腹は白い。エクアドルからチリまでのアンデス山脈と,南部パタゴニアに分布する。生息地は砂礫の多い荒れ地,半砂漠,草原,ステップなどで,海岸から標高 5500mにまで及ぶ。ほとんどが留鳥だが,繁殖後に高地にすむ種には低地に,南部にすむ種には北部へ移動するものもいる。地上で生活し,飛ぶときはタシギに似て短距離をジグザグに飛ぶ。巣は地面のくぼみにつくる。チドリ目では特異な草食性で,草の芽や葉,種子,根などを食べる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒバリチドリ
ひばりちどり / 雲雀千鳥
seedsnipe

鳥綱チドリ目ヒバリチドリ科に属する鳥の総称。タネシギともいう。この科Thinocoridaeには、オオヒバリチドリAttagis gayi、ノドジロヒバリチドリThinocorus orbignyianusなど4種が知られており、いずれもエクアドル以南の南アメリカに分布している。陸上生活をする鳥のグループで、海岸にすむものと、高山にすむものがあるが、どちらも石だらけの荒れ地で小群をつくっている。全長17~20センチメートル。チドリの仲間ではあるが、外観はウズラなどに似ており、ずんぐりした体つきで尾は丸くて短く、足も短い。おもに地上で生活し、翼は長めであるが、あまり長距離を飛ばない。地面のくぼみを巣とし、4卵を産む。餌(えさ)を探しに親が巣を離れる場合、卵に砂をかけていく。雛(ひな)は孵化(ふか)するとすぐに歩くことができる。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒバリチドリの関連キーワードヒバリチドリ(雲雀千鳥)雲雀千鳥

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android