コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒバリ ヒバリ Alauda arvensis; Eurasian skylark

3件 の用語解説(ヒバリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒバリ
ヒバリ
Alauda arvensis; Eurasian skylark

スズメ目ヒバリ科。全長 17cm。背面は黄褐色地に黒色縦斑がある。腹面は淡く,胸に黒い小縦斑が散在する。眉斑は淡色であるが明瞭。後頭に短い冠羽(→羽冠)がある。地鳴きは「びるるっ,びるるっ」と鳴き,繁殖期には柵の上など少し高い場所に留まって,あるいは空高く舞い上がりながらさえずる(→さえずり)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒバリ

ヒバリ科の鳥。翼長10cm。頭上,背面は黄褐色と黒褐色の斑。ユーラシア大陸中部に広く分布し,日本では北海道,本州,四国,九州で繁殖,北のものは冬暖地へ移る。畑,河原,草原等にすみ,春,雄はさえずりながら舞い上がる(揚げヒバリ)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒバリ
ひばり / 雲雀
lark

広義には鳥綱スズメ目ヒバリ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この科Alaudidaeの鳥は極地以外の全世界に分布し、アフリカにもっとも種類が多く全体の73%以上を占め、オーストラリア地区にはヤブヒバリ1種、南・北アメリカにはハマヒバリただ1種である。北アメリカ、ハワイ、オーストラリア、ニュージーランドなどに分布する種のヒバリはかつてヨーロッパから輸入されたものである。田畑、草原、海浜、砂漠などの広い地を好むので森が開かれるとすぐ分布を広げていく。地上に生活し、そこに生息する小動物や草本性植物の種子、花や葉などを主食とする。地上でも飛行中でもよい声でさえずるものが多く、中国ではコウテンシ、日本ではヒバリがその最たるものである。ピーチュク、ピーチュク、チーチー、チルル、チルルなど複雑多彩な長い声でさえずりながら上空を飛び回るので、第二次世界大戦前はこの習性を利用して「揚げヒバリ」とよばれる競技が流行した。ヒバリを籠(かご)から出して上空高くさえずりながら飛ばせ、籠に戻るまでの滞空時間を競う競技である。ことに中国では盛んであった。ヒバリ科はヤブヒバリ属、スナヒバリ属、ヒメコウテンシ属、ヒバリ属など13属76種とされていて、日本で記録されているのはヒバリ、クビワコウテンシ、ヒメコウテンシ、ハマヒバリ、コヒバリの5種である。ヒバリ属にはヒバリとタイワンヒバリの2種がある。
 種のヒバリAlauda arvensis(英名はskylark)はヨーロッパ、アジア、アフリカ北部に広く分布し、10の亜種に分類されている。日本に分布するのは3亜種で、それぞれヒバリ、オオヒバリ、カラフトチュウヒバリの和名をつけている。日本に分布するヒバリは南千島から琉球諸島(りゅうきゅうしょとう)の間の全土に生息する。北海道方面では夏鳥、琉球諸島方面では冬鳥、本州、四国、九州では留鳥とされているが、冬季には積雪地方のものが南下するので、日本の西南部では冬鳥として渡来したものが増加する。全長約17.5センチメートル。褐色に黒褐色の小縦斑(じゅうはん)が一面にある。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒバリの関連キーワード告天子小椋鳥岩雲雀木走雲雀スズメ(雀)イワヒバリ(岩鷚)ハマヒバリ(浜雲雀)ヒバリ(雲雀)スズメヒバリ属

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒバリの関連情報