コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒマティオン ヒマティオン himation

5件 の用語解説(ヒマティオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒマティオン
ヒマティオン
himation

古代ギリシア人の着用した外衣の一種。男女ともに用いた。1枚の大きな方形のウール地で,小型のものは1× 3m,大型のものは2× 5mにも及び,通常は右肩から左腋下を通って袈裟掛けに着用したが,時と場合に応じて,あるいは個人の好みに応じてさまざまな着方があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヒマティオン(〈ギリシャ〉himation)

古代ギリシャの衣服の一つで、キトンの上に着たショール形の外衣。→キトン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒマティオン

古代ギリシアの男女が用いた巻衣型の外衣。多くは縦1〜2m,横3〜5.5m程度の方形で,普通キトンの上に着用するが,女性が頭からかぶったり,男子が体にじかに着ることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヒマティオン【himation】

古代ギリシア人が外出のときなどに着用したマントの一種で巻衣型の外衣。1枚の大きな毛織物地で,大きさは縦1~2m,横3~5mほどであった。色は白や紫などさまざまであり,縞が入ったり,縁どりをしたものもあった。一般にはキトンとよばれる内衣の上に,右肩から左腋下を通して袈裟掛けに着用されたが,哲学者や雄弁家が体にじかに着用したり,婦人や少年がフード状に頭からかぶる場合もあった。【篠崎 三男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒマティオン
ひまてぃおん
himation英語
ιματονギリシア語

古代ギリシアの男女が主としてキトンの上に着用したドレーパリー形式の外衣。縦1~2メートル、横3~5.5メートルほどの長方形のウール地で、さまざまな着方があったが、いずれも、体にかけるときに出る自然のひだの美しさによって、気品や優雅さを追求したものであり、キトンとともに、ドレーパリー形式の典型として後世の衣服に与えた影響は大きい。またこの語はもともと「着せる」「かぶせる」という意味をもつ語に由来しており、布地そのものをさす場合も多い。[菅生ふさ代]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒマティオンの関連キーワードギリシア文字ギリシャ語ギリシャ神話ギリシャ文字小口袴ちょいちょい着ギリシア喜劇ギリシア科学《古代ギリシア作家叢書》古代ギリシア文字譜

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone