コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメシロチョウ Leptidea amurensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメシロチョウ
Leptidea amurensis

鱗翅目シロチョウ科。前翅長 24mm内外。全体白色で前翅端に黒色部がある。前翅はほぼ卵形であるが,雌では雄よりも前翅端がやや丸みを帯びる。春型は夏型より小型で灰白色,前翅端の黒色部は薄く,後翅裏面に暗色鱗を散布する。成虫は年3回出現し,山地の草原などをゆるやかに飛ぶ。幼虫の食草はマメ科のツルフジバカマ。北海道,本州,九州,朝鮮,中国,シベリア東部に分布し,日本産は亜種 L. a. vibiliaという。 (→シロチョウ )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメシロチョウ
ひめしろちょう / 姫白蝶
[学]Leptidea amurensis

昆虫綱鱗翅(りんし)目シロチョウ科に属するチョウ。北海道、本州、九州に分布、草原性のチョウで、中国地方では広島県比婆(ひば)郡、九州では阿蘇(あそ)山・九重(くじゅう)山の火山性山地草原にその産地は限られる。国外では朝鮮半島、アムール地方に分布する。はねの開張40ミリ内外。はねの地色は白色ないし灰白色、雄は前ばねの先端部に黒斑(こくはん)があるが、雌では不鮮明。そのほかには表面にはまったく斑紋がない。はねの形は展翅した形で横に細長く、胴体は細く、弱々しい感じのチョウである。普通、年3回の発生で、春型(第一化)は3月下旬から5月下旬、第二化の夏型は6月下旬から8月上旬、第三化の夏型は8月中旬から9月下旬に出現する。幼虫の食草はマメ科のツルフジバカマ。蛹(さなぎ)の状態で越冬する。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒメシロチョウの関連キーワードコンパクトカメラオオゾウムシゴイシツバメシジミマツムシマルチメディアカード床面構造微小管アスペクト比マルチメディアカードDX Nikkor

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android