コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュッケル

2件 の用語解説(ヒュッケルの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヒュッケル

ドイツの物理化学者。ゲッチンゲン大学に学び,チューリヒ工科大学,ロンドン大学などを経て,1937年マールブルク大学教授。1923年,P.J.W.デバイとともに強電解質溶液の理論(デバイ‐ヒュッケルの溶液理論)を発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒュッケル
ひゅっける
Erich Armand Arthur Joseph Hckel
(1896―1980)

ドイツの理論化学者。8月9日シャルロッテンブルクの内科医の家に生まれる。兄W・K・F・B・ヒュッケル(1895―1973)は有機化学者として有名。ゲッティンゲン大学ボルンに物理学を学んだのち、チューリヒ工科大学でデバイの助手となり、強電解質理論によって学位取得(1935)。これは有名な「デバイ‐ヒュッケルの強電解質理論」として知られ、今日のプラズマ物理学にも重要な貢献をなしている。ロンドン大学ドナンのもとでのH+、OH+イオン移動度の研究、ライプツィヒ大学ハイゼンベルクのもとでのベンゼン分子などの有機化合物の化学結合の本質に関する量子力学的研究ののち、1930年シュトゥットガルト工業大学講師となり、共役分子系の分子軌道理論(ヒュッケル則)を提起(1931)、量子化学のパイオニアの一人となった。1937~1962年マールブルク大学物理学教授を務め、有機化合物の構造や化学的性質を量子力学的に説明した。[大友詔雄]
『E・A・A・J・ヒュッケル著、米沢貞次郎訳『ベンゼン問題への量子論的寄与』(『化学の原典 第2巻 化学結合論』所収・1975・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒュッケルの関連キーワードアレニウスウィンダウスエンケオストワルトゲッティンゲンスベドベリハーバーブフナーリーマンアベック

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone